iPhone版GarageBandエフェクト【ノイズゲート】の使い方

ゴリラスタジオでは、電子書籍を販売しています。

iPhone版GarageBandの操作や、エフェクトの使い方、Touch Instrumentの使い方、Live LoopsRemix FXなどたくさんの機能を解説しています。

この1冊で、iPhone版GarageBandを使いこなせるようになるでしょう。

いますぐ確認して、GarageBandの使い方を習得していきましょう。

【iPhoneで始めるGarageBand】

エフェクト一覧

iPhone版GarageBandには次のエフェクトがあります。

compressor(コンプレッサー)

Visual EQ(ビジュアルイコライザー)

Bitvrusher(ビットクラッシャー)

Chorus(コーラス)

Distortion(ディストーション)

Tremolo(トレモロ)

Vocal Transformer(ボーカルトランスフォーマー)

Track Reverb(トラックリバーブ)

Track Echo(トラックエコー)

Over Drive(オーバードライブ)

Microphaser(マイクロフェーザー)

Flanger(フランジャー)

使い方を覚えて、自身の楽曲をブラッシュアップしていきましょう。

ノイズゲートとは?

iPhone版のGarageBandのエフェクトの一つである「ノイズゲート」は、音楽制作や録音のプロセスにおいて、不要なノイズや静音部分を取り除くためのツールです。

ノイズゲートは、音声や楽器の録音時に背景騒音や不要なサウンドを自動的にカットする機能を提供します。

具体的には、ノイズゲートは音量が設定の閾値を下回ると、音をカットする仕組みを持っています。

例えば、楽器を演奏している間に演奏以外のノイズ(風切り音やマイクのハムなど)があった場合、ノイズゲートはそのノイズを自動的に消音します。

これにより、クリーンな音源を得ることができ、ミキシングや録音の品質を向上させるのに役立ちます。

GarageBandのノイズゲートは、音楽制作者や録音エンジニアにとって非常に重要なツールであり、プロジェクトによってはノイズや不要なサウンドの管理が大きな課題となることがあります。

このエフェクトを適切に設定することで、音楽制作の品質を向上させ、クリーンな音源を得ることができます。

ノイズゲートの使い方

Vocal Transformerを使うには、トラックにエフェクトを適用しないと使うことができせん。

やり方は以下の通りです。

4dbff8ae37fbdea4e93ada31200625fd.png

エフェクトを適用したいトラックを選択し、画面上のトラックコントロールボタンを押します。

b73f4c947681c84e23f679717d4495f2.png

プラグインとEQをタップします。

ノイズゲートのオン/オフボタンを青く点灯させます。

これでノイズゲートを使うことができます。

ノイズゲートの各パラメータ

Threshold(スレッショルド)

iPhone版GarageBandのエフェクトノイズゲートの”Threshold”(閾値)は、音響信号処理の設定の一部です。

この設定は、ノイズゲートが音声トラックや楽器トラック上のサウンドをカットする閾値を制御します。

Threshold(閾値)は、音量のしきい値を表します。

ノイズゲートは、このしきい値よりも音が大きい場合にのみ音を通過させます。

したがって、Thresholdを調整することで、どの程度の音量以上のサウンドが通過するかを制御できます。

Thresholdを設定すると、設定したdB以下の音量をカットします。(赤色の部分をカット)

具体的な効果や音響的な変化を得るためには、Thresholdの値を調整して、ノイズゲートの挙動を微調整することが必要です。

これにより、不要なノイズやサウンドがカットされ、クリーンでプロフェッショナルな音楽制作が可能になります。

ノイズゲートの使用例

ノイズゲートの使用例はいくつかあります。

主な用途の一部を以下に示します。

ノイズの削減

ノイズゲートは、録音時にマイクからの背景ノイズや不要な音を除去するのに役立ちます。

たとえば、ヴォーカル録音中にファンのノイズや外部の音を遮断するために使用できます。

ドラムのリングノイズの削減

ドラムの録音時には、タムやキックドラムなどの他のドラムの振動がリングノイズを生むことがあります。

ノイズゲートを使用して、特定のドラムの音だけをクリーンに保ち、他のドラムの音を遮断できます。

ギターソロの強調

エレクトリックギターのソロ演奏時に、ノイズゲートを使ってギターが静かな部分ではミュートされ、音楽の要所でのみサウンドが通過するように設定できます。

エフェクト強調

エフェクトをかけた楽器トラックにノイズゲートを使用することで、エフェクトがかかっていない部分では音を遮断し、エフェクトが効果的に際立つようにできます。

スネアドラムのクリーンアタック

スネアドラムの録音時に、スネアヘッドからのバズやリングノイズを削減して、クリーンなアタック音を強調することができます。

リリースカットピアノ

ノイズゲートを使ってリリースカットピアノを再現することもできます。

リリースカットピアノは、通常のピアノ音とは異なり、音符を離す際の音をカットして、より乾燥した音を得るために使われます。

このプロセスにおいてノイズが発生する場合、ノイズゲートを活用することで効果的にノイズを制御できます。

これらは一般的な使用例ですが、ノイズゲートは様々な音楽制作の状況で利用でき、クリーンでプロフェッショナルな音楽を制作するのに役立ちます。設定と調整は曲や録音のコンテキストに合わせて行う必要があります。

本日のまとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhone版のGarageBandの「ノイズゲート」エフェクトは、音楽制作や録音のプロセスにおいて不要なノイズや静音部分を見事に取り除く頼りになるツールです。

音量が設定の閾値を下回ると音をカットするこの機能は、背景騒音や不要なサウンドからクリーンな音源を作り出すことができるエフェクトになります。

音楽制作者や録音エンジニアにとって、ノイズや不要なサウンドの管理は大きな課題ですが、GarageBandのノイズゲートを適切に設定することで、プロジェクトの品質を向上させ、クリーンな音源を手に入れることができます。

ノイズゲートを使って、素晴らしい音楽や録音を作り出すための冒険が、これからも続きますように。

それではまたいつかお会いしましょう。

created by Rinker
¥69,300 (2024/02/20 19:21:48時点 楽天市場調べ-詳細)