おすすめDJコントローラー

家庭用USEN

DJコントローラーを使う理由

クラブやライブなどで活躍するDJコントローラーは、その場の雰囲気を自宅でも味わえ、音楽制作にも多彩な表現を楽曲につけることができるので、スクラッチ音やピッチフェード、バックスピンなどさまざまな演奏を楽しみたい方にもDJコントローラーを使うメリットがあるでしょう。

DJソフト

DJコントローラーは、DJソフトと一緒に使うのがセオリーです。

まずは、自分が使いたDJソフトが何になり、どういたっことができるのかを確認する必要があります。

DJソフトが決まれば、DJコントローラーが対応しているか必ず確認しましょう。

DJソフトは、ソフトによって操作感や得意なジャンル、デバイスでのプレイのやり方が変わってきますので、その辺りも選ぶポイントとしましょう。

主なDJソフトは以下になります。

rekordbox(ソフト)

Pioneer(パイオニア)からリリースされている楽曲管理ソフトで、クラブやイベントの定番モデルのPioneer DJとの相性が抜群で、多くの現場に対応できるソフトになります。

日本語の説明が多く、使い方も分かりやすく、迷った時でも解決できるため初心者でも挫折しにくい設計になっています。

サブスクリプションサービスを使うことで、900万曲以上の楽曲を自由にDJプレイで演奏することができます。

Native Instruments TRAKTOR PRO(ソフト)

Native Instruments社から出ているTRAKTORは、ダンスミュージックを得意とし、DJやアーティストから長年愛用されています。

TRAKTORは、TRAKTOR KONTROLを使い操作します。

6チャンネルのオーディオインターフェイスと4トラックデッキ、Remix Decksを搭載したデジタル・ヴァイナル・システムで、すぐにプロ仕様のDJをプレイすることができます。

TRAKTOR KONTROL S2 MK3(DJコントローラー)

DJに必要な機能がコンパクトに搭載し、ホームパーティなどのイベントや小規模ライブなどで活躍します。

クラブ仕様のエフェクトなどを搭載しているため、独創的なDJプレイを可能にします。

24bit/44.1&48kHzのオーディオインターフェイスを搭載しているので、S2を使ってのレコーディングも簡単に行うことができます。

TRAKTOR KONTROL S4 MK3(DJコントローラー)

新感覚でDJプレイが楽しめ、多彩な表現力と確かなクオリティでアーティストを魅了するS4は、TRAKTORで操作可能なDJコントローラーになります。

RGB LEDリングと高解像度カラーディスプレイで、ミックスに集中することができ、暗いライブ会場などでも適切に操作することができるでしょう。

SERATO DJ(ソフト)

DJの現場ではダントツに使われているDJソフトのSERATO DJ Proは、画面がシンプルなため大変みやすい構造になっています。

そのため、初心者でもすぐに使うことができるので、初めの一歩としては最適なDJソフトになるのではないでしょうか。

DJコントローラーを購入すると無償でダウンロードできたりしますのでDJコントローラーを購入し使ってみるのも良いかもしれません。

RANE(レーン)DDJ-1000SRT(DJコントローラー)

7.2インチ電動プラッターを搭載し、レコードと同等の操作性を実現したRANE(レーン)は、高品質なDJコントローラーで遅延が少なくよりパワフルに動作します。

PCを同時に2台接続可能なため、スムーズなDJ転換が可能になります。

Serato DJ Proで操作ができるDJコントローラーです。

DDJ-200

DDJ-200DJは、初心者やDJをやってみようか迷っている方には低価格で始めることができます。

Macやiphoneなどですぐに使える無料DJアプリをダウンロードすることができるので、手にっとたその日から使うことができるでしょう。

接続も簡単に行うことができるので、はじめの一歩としては最適のDJコントローラーになります。

DDJ-800

DDJ-800は、小型でコンパクトなサイズのため、持ち運びが便利な2チャンネルDJコントローラーになります。

マイク音声のハウリングを軽便できる『FEEDBACK ERDUCER』機能も搭載しています。

各ジョグホイールの中央には、高精密な液晶ディスプレイを搭載し、再生時間やBPM(テンポ)、波形情報など楽曲情報が確認できるので便利でしょう。

DJ-202

Serato DJソフト対応のDJ-202は、低レイテンシー(低遅延)で自由なスクラッチ・プレイを可能にするDJコントローラーになります。

マイク入力端子とボイス用エフェクトを内蔵しているので、DJプレイと組み合わせたボーカルプレイで斬新なプレイが可能になります。

24bit/48kHz対応のオーディオインターフェイス機能も搭載しています。

CND Studio 4A

CMD Studio 4Aは、2デッキ、2エフェクトのDJ入門デジタルDJコントローラーになります。

4チャンネル・オーディオインターフェイスを搭載しているため、DTMに音源を取り込むことも可能になります。

DJソフト『Deckadance LE』が付属しているため、ダウンロードして使用しましょう。

DJバック

DJコントローラーを持ち運ぶ際に便利なバックになります。

移動の多いDJプレーヤーやアーティストに最適に設計されているため、安全で快適な移動ができ、機材の保護も可能になっています。

対応機種

Pioneer DJ: DDJ-800, DDJ-1000, DDJ-RX, DDJ-SX3, DDJ-SX2, DDJ-SX, DDJ-RR, DDJ-SR2, DDJ-SR, DDJ-S1, DDJ-T1, DDJ-Ergo, XDJ-RR, XDJ-R1, XDJ-Aero
NI: Traktor Kontrol S8
Denon DJ: MC7000
Numark: NS6II, Mixtrack Platinum/ Pro 3, Mixdeck Quad, 4Trak, N4
Reloop: Mixon 4, Touch, Terminal Mix 8, Beatmix 4
Roland: DJ-505など

おすすめDJコントローラーまとめ

いかがでしたでしょうか。

お気に入りのDJコントローラーは見つかりましたでしょうか?

DJプレイをしたい方には、大変重宝するDJコントローラーですが、オーディオインターフェイスを搭載した機種も多いため、DTMにもDJプレイを録音することができるようになります。

また、多彩なプレイをすることもでき、サンプル音源を使ったプレイも簡単にできます。

この機会に、一度DJコントローラーを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

それではまた。