【最新2024年度】スピーカー音質向上!おすすめインシュレーター

インシュレーターとは?

インシュレーターとは、電気的な接点を持たないように設計された、電気回路における部品の一種です。主に電気的な絶縁を目的として使用されます。

インシュレーターは、高電圧を扱う電力系統や、電子回路、計測器、センサー、電子機器などの様々な電気回路に使用されます。

通常、絶縁体のインシュレーターは板状や棒状の形状をしており、プラスチック、セラミック、ガラス、樹脂、テフロン、木材などの材料で作られています。

これらの材料は電気的に導電性がないため、電気回路内の異なる部分を電気的に分離する役割を果たします。

インシュレーターは、電気的な絶縁の他にも、物理的な支持や固定にも使用されます。

例えば、高圧送電線の電柱に取り付けられた絶縁体は、電線を支持すると同時に地との絶縁を保っています。

一方で、接点を持つ部品はコンタクターやスイッチなどと呼ばれ、インシュレーターとは対照的な役割を持ちます。

インシュレーターを使うメリット

モニタースピーカーでインシュレーターを使用する主なメリットは、以下のようなものが挙げられます。

ノイズやジッターの除去

モニタースピーカーに接続された機器やケーブルに混入する電気ノイズやジッターを除去し、音質を向上させることができます。

ジッターとは、デジタル信号のタイミングが微妙にずれることで生じる問題で、デジタル信号が本来の速度よりも遅くなったり早くなったりする現象です。

この誤差が大きくなると、音声や映像の再生品質が低下し、通信においてはエラーの原因となります。ジッターは、機器やケーブルの品質、温度変化、電力ノイズなどの要因によって引き起こされます。

ノイズとは、信号に混じって不要な雑音が入ってしまう現象で、音声や映像の再生品質を悪化させることがあります。例えば、電話で話しているときに周囲の騒音が入り、相手の声が聞きづらくなることがあります。このような雑音のことをノイズと呼びます。ノイズは、周囲の環境や機器の品質などによって引き起こされます。

電気的ノイズの影響軽減

スピーカーと接続された機器が異なる電源から供給されている場合、地の位相差などの問題により電気的なノイズが発生することがあります。

地の位相差とは、電波が発信された場所から受信される場所までの距離が長い場合、電波が大気や地形の影響を受けて波の位相がずれる現象のことです。

この位相のずれは、無線通信や衛星通信などの電波通信に影響を与え、通信品質が低下したりノイズが発生したりすることがあります。

このような場合、インシュレーターを使用することで電気的ノイズの影響を軽減することができます。

グラウンドループ問題の解決

モニタースピーカーに接続された機器やケーブルが複数ある場合、グラウンドループ問題が発生することがあります。

これは、複数の機器が共通の接地に接続されることによって生じる問題で、ノイズやブズ音などの原因になります。インシュレーターを使用することで、グラウンドループ問題を解決することができます。

グランドループとは、オーディオ機器やスピーカーのアース(地)をつなぎ、電気的なノイズやジッター(時計のずれ)を軽減することで、よりクリアで正確な音を再生するための接続方法の一つです。

これにより、音の歪みやノイズが減少し、音質が向上するとされています。

セーフティ対策

インシュレーターを使用することで、スピーカーと接続された機器の間に電気的な絶縁を作ることができ、誤った配線や接続による感電事故を防止することができます。

以上のように、モニタースピーカーでインシュレーターを使用することで、音質の向上やノイズの除去、安全面の向上などのメリットが得られることがあります。ただし、使用する機器や環境によっては、使用することで音質の劣化が生じる場合があるため、注意が必要です。

モニタースピーカーのインシュレーターを使うときのデメリット

モニタースピーカーのインシュレーターを使用する場合、デメリットとしては以下の点が挙げられます。

スピーカーとの適合性が重要

インシュレーターの種類や素材、スピーカーの重量・形状など、様々な要素がスピーカーのサウンドに影響を与えるため、適合性が重要です。

設置場所の制限

インシュレーターを使用する場合、スピーカーの高さが若干上がるため、設置場所に制限が出る場合があります。

コスト

高品質のインシュレーターは高価で、一般的なインシュレーターと比べて、スピーカーの効果を実感しにくい場合もあります。

音質への影響

一部のユーザーは、インシュレーターによって音が過度にディテールアップされ、音のバランスが悪くなる場合があると感じることがあります。

インシュレーターは必要なのか?

モニタースピーカーでのインシュレーターは必ずしも必要ではありませんが、状況によっては役立つことがあります。

例えば、モニタースピーカーを接続するオーディオインターフェイスミキサーにノイズが乗ってしまう場合、インシュレーターを使用することでノイズを減らすことができます。

また、スピーカー自体に発生するノイズやジッターを軽減することもできます。

ただし、モニタースピーカーには既に絶縁が施されているものが多く、インシュレーターを使用することで音質が悪化する場合があるため、注意が必要です。

また、インシュレーター自体にも上述したようなデメリットがあるため、状況に応じて利用するかどうかを慎重に判断する必要があります。

モニタースピーカーに使うおすすめのインシュレーター

モニタースピーカーにおすすめのインシュレーターは、次のようなものがあります。

IsoAcoustics ISO-PUCK

このインシュレーターは、スピーカーの振動を吸収し、よりクリアで正確なサウンドを提供するように設計されています。各ISO-PUCKは、最大8ポンド(3.6kg)の重量に対応し、異なる高さのモデルもあります。

created by Rinker
¥12,650 (2024/04/21 02:01:49時点 楽天市場調べ-詳細)

Auralex Acoustics MoPAD

インシュレーターは、スピーカーをテーブルやスタンドにしっかりと固定することで、スピーカーの振動を軽減し、サウンドのクリアさと精度を向上させることができます。MoPADは、スピーカーの重量やサイズに応じて調整できます。

AURALEX ( オーラレックス ) / BABY GRAMMA V2

GRAMMA V2シリーズは、ギターアンプやベースアンプの下に配置することで、驚くほどの音響効果をもたらします。

床を伝って響く振動を軽減するため、ステージボリュームを抑えることができ、その結果、フロアモニターからの音がクリアに聞こえ、サウンドエンジニアも音のコントロールが容易になります。

バンドで演奏する際、周囲の騒音に悩まされずに自分の楽器をしっかりと聴くことができ、GRAMMA V2を使用することでステージ上の音にメリハリが生まれます。

自分の演奏する楽器の音がより鮮明に聴こえるため、モニターやアンプのボリュームを過剰に上げる必要もなくなるでしょう。ライブはもちろん、レコーディングにも最適です。

GRAMMA V2シリーズには、異なるサイズの3つのモデルがあります。コンパクトな場合は「BABY GRAMMA V2」、中程度のサイズなら「GRAMMA V2」、大型の場合は「GREAT GRAMMA V2」をご検討ください。

created by Rinker
¥20,998 (2024/04/21 02:01:49時点 楽天市場調べ-詳細)

Primacoustic Recoil Stabilizer

このインシュレーターは、スピーカーを正確な位置に保ち、床の振動を吸収し、スピーカーのサウンドのクリアさを向上させるように設計されています。Recoil Stabilizerは、スピーカーのサイズや重量に合わせて調整可能です。

SVS SoundPath Isolation System

このインシュレーターは、スピーカーの振動を吸収するゴム製のアイソレーターと、スピーカーを支えるアルミニウム製の基板から構成されています。SVS SoundPathは、スピーカーの重量やサイズに応じて、4つの異なるサイズがあります。

【中古】【輸入品・未使用】SVS SoundPath Subwoofer Isolation System – Pack of 4

OYAIDE ( オヤイデ ) / INS-SP

「INS-SP」とは、オヤイデ電気が製造・販売するスピーカー用のインシュレーター(絶縁材)です。以下にINS-SPに関する情報を詳しく説明します。

構造:

INS-SPは、スピーカーの下に敷いて使用することができる絶縁材です。

直径約40mmの丸い板状で、表面には防振材が貼られています。中央には、スピーカースタンドのピンを受ける穴があります。

インシュレーターの素材には、アクリル樹脂とオイルを配合したオリジナル素材が使われており、優れた振動吸収性を発揮します。

効果:INS-SPをスピーカーの下に敷くことで、スピーカー本体と地面の間に絶縁材を挟むことができ、スピーカー本体から地面に伝わる振動を吸収することができます。

また、防振材が貼られているため、スピーカーからの振動が周囲に伝わることを抑制し、音質の向上が期待できます。

使用方法:INS-SPは、スピーカースタンドのピンにインシュレーターを差し込み、スピーカーをのせるだけで使用することができます。

また、スピーカーを直接床に置く場合にも使用することができます。スピーカーの重量や大きさに応じて、適切な数のINS-SPを使うことが重要です。

価格:INS-SPの価格は、他のスピーカー用のインシュレーターと比較してやや高価格帯に属します。

しかし、優れた振動吸収性や防振性能を持ち、音質の向上に寄与することが期待できるため、多くのユーザーから支持を受けています。

INS-SPは、スピーカーの振動を吸収することで、音質の向上に貢献する優れたインシュレーターの一つです。

スピーカーの位置や置き方によって、音質に大きな影響を与えるため、正しい使い方をすることで、より高品質な音楽再生を楽しむことができます。

AET ( エーイーティー ) / VFE-4010U

粘性発泡素材『VFE』を採用し、制振性を追求したインシュレーターVFE-4010U。

制振素材にありがちな柔らかさは皆無で、力強くハイスピードなサウンドを実現し、スピーカーの持つサウンドを忠実に引き出します。非常に優れた振動吸収性能は音響機器だけでなく、家電製品にも使用可能。

ターンテーブルなどの回転機器、スピーカーやアンプの『かぶり』防止に大きな効果を発揮します。

OYAIDE ( オヤイデ ) / INS-US

オーディオ機器をスパイクで設置することの優位性、それは機器と床面の点接触部分で振動の伝播を効率よく抑制でき、音のレスポンスやS/N感、解像度が向上されることにあります。

昨年の発売以来、圧倒的なコストパフォーマンスで大好評を博しているスパイク受け「INS-SP」。ついにこのINS-SPと対をなすべきスパイク「INS-US」が登場します。

INS-USは高剛性ステンレスを高精度NC切削。高い寸法精度と、一点荷重にも耐えられる高い強度を備えています。他の追随を許さない、小型スパイクの決定版の登場です。

OYAIDE ( オヤイデ ) / INS-SQ インシュレーター

オヤイデの大ヒット商品”INSシリーズ”は、高剛性ステンレス製の”INS-SP”(凹型)、”INS-US”(凸型)をリリースし、これらを自在に組み合わせることによりインシュレーターの可能性を拡げることに成功しました。

その「組み合わせる楽しみのあるインシュレーター」がオーディオ愛好家に広く受け入れられ、驚異的なセールスを記録。

オーディオ機器を支える足周りの必須アクセサリーとしてさらなる可能性を求め、天然石の持つ素材の物性に着目しました。

素材の物性はオーディオにおいて最も重要なチューニングポイントである、これはオヤイデ電気のインシュレーターに共通の設計思想です。

Audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT6900BR

audio-technica AT6900シリーズは、真鍮の美しい響きを金メッキ処理でさらに向上させ、伸びやかな高域を表現し、バランスに優れたサウンドを実現しています。

外観上の美しさも演出し、耐食性にも優れています。

ノイズやジッター除去にお使いください。

DMSD ( ディーエムエスディー ) / DMSD 50

DMSD 50、60は、スピーカーが空中に浮いているような効果を生み出し、低域のレゾナンスは減少するどころかほとんどなくなり、同時にモニタリングシステムの位相のずれは是正されます。

8個セットです。カラーはブラック。

推奨耐荷重は4個で12kgまでとなり、小型~中型ニアフィールドモニター専用設計です。

最高品質の素材を用いた妥協ないメタルボディと、特殊配合ラバーのコンビネーションで高級感あるれるインシュレーターとなっています。

DMSD 50 ディーエムエスディー スピーカー用インシュレーター(8個入)《デカップラー》 DMSD
DMSD DMSD 60PRO【ゴールド】【8個セット】
DMSD DMSD 60PRO【レッド】 【8個セット】

NAGAOKA ( ナガオカ ) / INS-BR02 INS-SU01

NAGAOKAが世界初のオーディオ用インシュレーターINS-BR02を開発しました。

このインシュレーターはルビー球と金属を組み合わせており、帯域のバランスはそのままに、クリアなサウンドと高い解像度、安定感を実現しています。

また、その美しい形状はおしゃれな印象を与えます。さらに、最大200 kgまで耐えるため、大きなスピーカーにも十分対応できるでしょう。

モニタースピーカーで使うインシュレーターまとめ

いかがでしたでしょうか。インシュレーターは必ず必要なアイテムではありませんが、ノイズの低減などの効果もあります。

自分の耳で、音の変化を確かめて、購入を検討するといいでしょう。

また、持っているスピーカーとの相性があるため、選ぶ際には注意が必要になってきます。

それではまた。