iPhone版GarageBandエフェクト【Microphaser】の使い方

ゴリラスタジオでは、電子書籍を販売しています。

iPhone版GarageBandの操作や、エフェクトの使い方、Touch Instrumentの使い方、Live LoopsRemix FXなどたくさんの機能を解説しています。

この1冊で、iPhone版GarageBandを使いこなせるようになるでしょう。

いますぐ確認して、GarageBandの使い方を習得していきましょう。

【iPhoneで始めるGarageBand】

エフェクト一覧

iPhone版GarageBandには次のエフェクトがあります。

compressor(コンプレッサー)

Visual EQ(ビジュアルイコライザー)

Bitvrusher(ビットクラッシャー)

Chorus(コーラス)

Distortion(ディストーション)

Tremolo(トレモロ)

Vocal Transformer(ボーカルトランスフォーマー)

Track Reverb(トラックリバーブ)

Track Echo(トラックエコー)

Over Drive(オーバードライブ)

Flanger(フランジャー)

ノイズゲート

使い方を覚えて、自身の楽曲をブラッシュアップしていきましょう。

Microphaserとは?

iPhone版のGarageBandにおける「Microphaser」は、音楽制作に使用されるエフェクトの一つです。

これは、オーディオトラックや楽器トラックに適用できるエフェクトの一つで、特定の音楽パートや楽器に独自の響きやエフェクトを加えるのに役立ちます。

「Microphaser」は、フェーザー(Phaser)エフェクトの一種です。

これは、音の位相を変化させることによって、空間的な広がりやフィードバック効果を持たせ、音楽に奥行きと興味深いテクスチャを与えます。

このエフェクトは、特にシンセサイザーやギターなどの楽器に対して効果的で、サウンドに遊び心やサイケデリックな質感を加えるのに適しています。

「Microphaser」を使用することで、音楽制作者は独自のサウンドを作り出し、楽曲に独創性と魅力を持たせることができます。

このエフェクトはGarageBandのユーザーに、音楽制作の幅広い側面でクリエイティブな表現を可能にします。

SHURE MVi デジタル・オーディオ・インターフェース MOTIVシリーズ MVI-DIG-A [MVIDIGA]

Microphaserを使うには

Microphaserを使うには、トラックにエフェクトを適用しないと使うことができせん。

やり方は以下の通りです。

4dbff8ae37fbdea4e93ada31200625fd.png

エフェクトを適用したいトラックを選択し、画面上のトラックコントロールボタンを押します。

b73f4c947681c84e23f679717d4495f2.png

プラグインとEQをタップします。

670a2a077d676c8e9d3be5d07c9776ee.jpg

編集をタップします。

886fbf9a92580eb99ecb8b6e900d0799.jpg

エフェクトを追加するボタンをタップし、その中のMicrophaserを選択すれば、トラックに適用することができます。

Microphaserの各パラメータ

Microphaserはエフェクトプロセッサーの一種で、フェーザーエフェクトを生成するためのパラメータを持っています。

以下に各パラメータについて詳しく説明します。

LFO Rate(Low-Frequency Oscillator Rate)

LFO Rateは、フェーザーエフェクトの振動を制御するためのパラメータです。

このパラメータは通常、ヘルツ(Hz)で表され、振動の速度を調整します。

高いLFO Rate値(10.00Hzに近づける)は、エフェクトの速い変化をもたらし、低い値(0.00Hzに近づける)はゆっくりとした変化を生成します。

Feedback(フィードバック)

Feedbackは、エフェクトの再帰的なループを制御するためのパラメータです。

高いFeedback値(100%に近づける)は、エフェクトの強調と、より豊かなサウンドをもたらしますが、過剰に設定すると音が歪むことがあります。

低いFeedback値(0%に近づける)は、繰り返し再生を減らしていきます。

適切なバランスを見つけて、望みのエフェクトを得るのが重要です。

Intensity(インテンシティ)

Intensityは、フェーザーエフェクトの深さや効果の強さを制御するためのパラメータです。

高いIntensity値(100%に近づける)は、エフェクトをより強調し、目立たせます。

低い値(0%に近づける)は、微妙にフェーズ効果をつけることができます。

このパラメータを調整することで、エフェクトの特性をカスタマイズできます。

これらのパラメータを組み合わせて調整することで、Microphaserエフェクトの音響的な特性を細かく制御できます。

音楽制作やエフェクト処理のコンテキストにおいて、これらのパラメータを実際に調整して望みのサウンドを得ることが一般的です。

created by Rinker
¥4,400 (2024/04/20 12:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

Microphaserの使用例

Microphaserは一般的にはオーディオ処理のエフェクトプラグインやハードウェアとして使用されることがあります。

以下にいくつかの具体的なMicrophaserの使用例を紹介します。

ギターにエフェクトを追加する

Microphaserはギターシグナルに魅力的な位相シフトを加えるのに使えます。

ギターアンプのエフェクトループに接続し、サウンドにスペースやテクスチャを追加します。

シンセサイザーの音色を拡張する

シンセサイザーの出力にMicrophaserを挿入することで、シンセのサウンドにリッチなムーヴメントを持たせることができます。

これはより興味深いパッドやリードサウンドを作成するのに役立ちます。

ボーカルの空間感を向上させる

ボーカルトラックにMicrophaserを適用すると、ボーカルに空間感やリバーブのような効果を加えることができます。

これにより、ミックスに深みと立体感をもたらします。

ドラムループに遊び心を加える

ドラムループにMicrophaserを適用して、リズムに興味深い位相シフトを追加できます。

これにより、リズムトラックに動きと変化を持たせることができます。

エレクトロニックミュージックのビートにテクスチャを追加する

エレクトロニックミュージックのビートやループにMicrophaserを使用すると、リズムに微妙な変化やテクスチャを加えることができます。

これにより、より興味深いサウンドを作成できます。

本日のまとめ

いかがでしたでしょうか?

GarageBandを使ってみたくなりましたか?

iPhone版のGarageBandに搭載された「Microphaser」は、音楽制作の新たな扉を開くエフェクトの一つです。

オーディオトラックや楽器トラックに適用でき、特定の音楽パートや楽器に独自の響きやエフェクトを加えるのに役立ちます。

この「Microphaser」は、音の位相を変化させ、空間的な広がりやフィードバック効果を提供することで、音楽に奥行きと興味深いテクスチャをもたらします。

特にシンセサイザーやギターなどの楽器に対して効果的で、サウンドに遊び心やサイケデリックな質感を加えるのに適しています。

GarageBandのユーザーには、このエフェクトを使って独自のサウンドを作り出し、楽曲にクリエイティブな魅力を加える素晴らしい機会が提供されています。

ぜひ「Microphaser」を試してみて、新たな音楽の旅に出発しましょう。

それではまたいつかお会いしましょう。