iPhone版GarageBandエフェクト【Chorus】の使い方

ゴリラスタジオでは、電子書籍を販売しています。

iPhone版GarageBandの操作や、エフェクトの使い方、Touch Instrumentの使い方、Live LoopsRemix FXなどたくさんの機能を解説しています。

この1冊で、iPhone版GarageBandを使いこなせるようになるでしょう。

いますぐ確認して、GarageBandの使い方を習得していきましょう。

【iPhoneで始めるGarageBand】

エフェクト一覧

iPhone版GarageBandには次のエフェクトがあります。

compressor(コンプレッサー)

Visual EQ(ビジュアルイコライザー)

Bitvrusher(ビットクラッシャー)

Distortion(ディストーション)

Tremolo(トレモロ)

Vocal Transformer(ボーカルトランスフォーマー)

Track Reverb(トラックリバーブ)

Track Echo(トラックエコー)

Over Drive(オーバードライブ)

Microphaser(マイクロフェーザー)

Flanger(フランジャー)

ノイズゲート

使い方を覚えて、自身の楽曲をブラッシュアップしていきましょう。

Chorusとは?

iPhone版のGarageBandアプリにおける「Chorus」は、音楽制作ソフトウェアの中で使われる音響効果の一つです。

Chorusは、音声や楽器の音を豊かにし、広がりを持たせるために使われます。

この効果は、一つの音源を多重化し、微妙に異なるタイミングやピッチで再生することで、リアルなコーラスのような効果を生み出します。

これにより、音楽や音声に深みや響きを与え、より魅力的な音を作り出すことができます。

GarageBandのChorusエフェクトは、ボーカルトラックや楽器トラックに適用することができ、その音楽的な特性を向上させます。

このエフェクトは、アーティストや音楽プロデューサーにとって、楽曲に深みや空間感を加える重要なツールの一つとして広く利用されています。

Chorusの使い方

Chorusを使うには、トラックにエフェクトを適用しないと使うことができせん。

やり方は以下の通りです。

4dbff8ae37fbdea4e93ada31200625fd.png

エフェクトを適用したいトラックを選択し、画面上のトラックコントロールボタンを押します。

b73f4c947681c84e23f679717d4495f2.png

プラグインとEQをタップします。

670a2a077d676c8e9d3be5d07c9776ee.jpg

編集をタップします。

886fbf9a92580eb99ecb8b6e900d0799.jpg

エフェクトを追加するボタンをタップし、その中のChorusを選択すれば、トラックに適用することができます。

Chorusの各パラメータ

Chorusは音響効果の一つで、音声や楽器のサウンドを豊かにし、広がりを持たせるために使われます。

Chorusの各パラメータについて詳しく説明します。

Mix(ミックス)

MixはChorus効果と元の音源をどれくらいの割合で混ぜ込むかを調整します。

0%の場合、Chorus効果は適用されず、元の音源だけが聞こえます。

100%の場合、Chorus効果のみが聞こえ、元の音源は完全に置き換えられます。

通常は、Mixを適切に調整して、元の音源とChorusの効果がバランスよく調和するようにします。

Intensity(インテンシティ)

IntensityはChorus効果の強さや深さをコントロールします。

高いIntensity値(100%に近づけるほど)を設定すると、Chorusがより顕著に聞こえ、効果が強調されます。

低いIntensity値(0%に近づけるほど)では、Chorus効果は控えめで、サウンドに対する影響が少なくなります。

Intensityを調整することで、Chorusのサウンドの質感を変化させることができます。

Rate(レート)

RateはChorusの振動率を指定します。これは、音源がどれくらい速く振動するかを決定します。

高いRate値(20.00Hzに近づける)を設定すると、音が速く振動し、より多くの変化が生じます。

低いRate値(0%に近づける)では、ゆっくりとした振動が生じ、Chorus効果はより滑らかに聞こえます。

Rateを調整することで、Chorusの速度やリズムを調整できます。

これらのパラメータを組み合わせて調整することで、Chorus効果を好みのサウンドにカスタマイズすることができます。

特定のオーディオソフトウェアや機器によって、これらのパラメータの設定方法や表現方法が異なる場合がありますので、使っているツールのドキュメンテーションを確認することもおすすめです。

created by Rinker
¥69,300 (2024/02/20 19:21:48時点 楽天市場調べ-詳細)

Chorusの使用例

ガレージバンドのChorusエフェクトは、楽器に深みと幅を持たせるために便利です。以下はChorusエフェクトを使った具体的な使用例です。

エレクトリックギター

エレクトリックギターにChorusエフェクトを適用すると、豊かな響きと広がりを与えることができます。

ギターソロやクリーンなリフの演奏に適しています。

アコースティックギター

アコースティックギターにChorusをかけると、よりリッチで広がりのある音になり、アコースティックの響きを強調します。

特にバラードやアコースティック曲に適しています。

ヴォーカル

ヴォーカルにChorusエフェクトをかけると、声に深みと広がりを持たせることができます。

バックボーカルやコーラスパートの録音に使用できます。

キーボード

キーボードやシンセサイザーにChorusを適用すると、シンセサイザーのサウンドをより立体的にし、エフェクトのついた幻想的な音楽を演奏できます。

本日のまとめ

いかがでしたでしょうか?

GarageBandエフェクトChorus、それは音楽制作の魔法の杖です。

iPhone版のGarageBandアプリにおける「Chorus」は、音楽制作の世界で使われる音響効果の一つで、音声や楽器の音を豊かにし、広がりを持たせるために活用されています。

この効果は、一つの音源を多重化し、微妙に異なるタイミングやピッチで再生することで、リアルなコーラスのような効果を生み出します。

その結果、音楽や音声に深みや響きを与え、より魅力的な音を作り出すことができるのです。

GarageBandのChorusエフェクトは、ボーカルトラックや楽器トラックに適用することができ、その音楽的な特性を向上させます。

アーティストや音楽プロデューサーにとって、楽曲に深みや空間感を加える重要なツールの一つとして広く利用されています。

GarageBandを使って、自分の音楽制作の世界を広げ、新たな音楽の可能性を追求してみませんか?

それではまたいつかお会いしましょう。

created by Rinker
¥24,200 (2024/02/20 19:21:48時点 楽天市場調べ-詳細)