GarageBand コンプレッサーとは

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

GarageBand コンプレッサーについて

 

今晩にちおは〜!ども〜ゴリです。今回はプラグインエフェクトシリーズのコンプレッサーについて解説していきます。

コンプレッサーはDTMをする上では、必ず使うプラグインと言ってもかごん(言い過ぎ)ではないくらい大切なプラグインエフェクトになります。

種類も多く、一つ一つかかり方も違うため、初心者はどれを選べば良いのかわからない!!って言う人がいっぱいいることでしょう。

コンプレッサーは苦手と言う人も結構います。なぜかと言うと、コンプレッサーの効き目がイマイチわからないからです。

使い方がわからない。使っても効き目がわからない。コンプレッサーいる?いらないよね〜!ってなってしまう前に、このページを読みましょう。

きっと、読み終わった頃には、よし、使ってみよう!!ってなっているはずです。

今回は、そんな人の為にコンプレッサーとは何をする物なのか?また、コンプレッサーはどういう風に使ったら良いのか?コンプレッサーのことを詳しく見ていきましょう。

そもそもコンプレッサーとは何か?

 

コンプレッサーを一言で言うと、小さい音はそのままに、大きい音を圧縮(出る釘は打たれる)するエフェクトになります。

 

 

出る釘は打たれるではないですが、カンタンに言えば、音をたいらにするイメージです。

音量が全体的にたいらになることで、とても聴きやすくなるんです。

ダイナミクスが大きい音は、音楽としてはメリハリがあり良いいんですが、ミックス作業をする上では結構ジャマになってきます。

ダイナミクスとは大きい音があったり、小さい音があったりする波形です。

 

 

なぜコンプレッサーが必要か?

 

では、なぜコンプレッサーを必要とするのか?

それは主に以下の2つの目的があります。

1つ目は、コンプレッサーを使って音質を変化させることで、その楽器の良さを引き出したり、音にメリハリをあたえ、音の強弱をつけることで、曲に聞き手を引き込むことができます。

2つ目は、コンプレッサーを使うことで、音の前後を配置することができます。少しむずかしいかもしれませんが、楽器を引っ込ませたり、前に出したりすることが、このコンプレッサーでできるようになります。

3つ目は、ボリュームを上げるときに、コンプレッサーで音をたいらにして上げることで、全体の音量がグッと上がることになります。

そうすることで、音が割れずに音量を上げることができます。

 

コンプレッサーの使い方

 

では、コンプレッサーの使い方を見ていきましょう。

 

スレッショルド

 

はじめにスレッショルドです。

スレッショルドは、圧縮がかかり始める音量値を指定するパラメーターになります。

これは何なのか?と言うと、波形がスレッショルドを超えて出ている部分に、コンプレッサーがかかり、出ている部分を圧縮します。

 

 

レシオ

 

レシオはどれくらいの割合で、スレッショルドを超えた音を圧縮するかを指定するパラメーターになります。

 

 

スレッショルドを超えた波形を2:1(2分の1)に圧縮したらこうなります。

レシオ1:1は全然圧縮されないので、覚えておいて下さい。また、3:1は(3分の1)に、4:1は(4分の1)に圧縮されます。

 

アタック・タイム

 

スレッショルドを超えた時に、圧縮がかかり始めるまでの時間を設定するパラメーターになります。

 

 

20ms(20ミリセコンド)0,020秒をすぎたところから圧縮が始まります。

 

リリース・タイム

 

圧縮がかかり始めてから、圧縮がきれるまでの時間を設定するパラメーターになります。

 

 

圧縮が始まってから20ms後にコンプレッサーの効果がきれます。

リリース20ms後はコンプレッサーはかかっていないことになるのです。

 

ソフト・ニー

 

ソフトニーとは、圧縮がかかりはじめる時のなめらかさを設定するパラメーターになります。

 

 

ソフトニーはかかり始めがなめらか〜にかかってくれます。このソフトニーはボーカルなどに薄くコンプレッサーをかける場合にしようします。

自然にコンプがかかってくれますので、ボーカルなどに最適です。

ハード・ニー

 

ハードニーは、コンプレッサーがいきなりかかるイメージです。音を作ったり、特殊な効果を得る場合には、このハード・ニーを使います。

 

 

ゲイン・リダクション

 

ゲイン・リダクションはどれくらいの圧縮をおこなったか?を示してくれうメーターになります。

ゲイン・リダクションメーターが(−3dB)くらいのところを狙うと、自然に圧縮がかかります。

 

 

最後リ

 

コンプレッサーはいろいろな楽器に使用されますが、使い方によっては、コンプをかけすぎたり、コンプをかけているのに効果がわからない!と言ったことが初心者のうちはあります。

でも、コンプレッサーをキワめることで、ミックスをやりやすくするのはもちろんのこと、音楽という一つの曲をまとめるのには欠かせない存在です。

使い方を是非覚え、積極的に使用していって下さい。

それではまた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA