Logic Pro でApple Loopsを使うには

プロジェクトにApple Loopsを使用する

 

Logic Proには、Apple Loopsという大変便利なループ素材が収録されています。

オーディオトラックやMIDIトラックにドラッグ&ドロップすることで、簡単にループ楽曲が作成できます。

収録されているループ曲は、ドラムパートはもちろん、ベースやギター、変わっているところで言えば、ヘリコプターの音などが入っています。

しかも簡単に使うことができますので、これから使い方を見ていきましょう。

Apple Loopsを開ける

 

画面右上にあるループブラウザを押し、インストゥルメントを押すと、各楽器が出て来ます。

使用したいものを選びます。

①のApple Loopsボタンを押して②インストゥルメンなどで絞り込みます。③で楽器など入れたい音源を絞ります。

④のApple Loopsを各トラックに挿入すればOKです。

Apple Loopsの種類

Apple Loopsには4種類の録音素材があります。

・オーディオループ(青色)は、オーディオ素材で、生楽器の録音素材となっています。

収録されているパターンは変更することができませんが、素材をカットして切り貼りすれば、自分でもパターンを変更することができます。

・MIDIループ(緑色)は、MIDI素材を扱います。

これをソフトウェア音源といい、MIDIデータをピアノロールエディタというところに表示すると開いて編集ができ、カスタマイズすることができます。

また、オーディオトラックにいれることで、オーディオループに変換が可能になります。

・ステップシーケンス(黄色)は、直感的にグルーブを組み立てることができます。

リズミカルなパターンを作成し、プロジェクトに追加できます。

詳しくはステップシーケンスを使うを参照して下さい。

 

Logic Pro ステップシーケンスを使う

 

 

・Drummerループ(黄色)はdrummerリージョンの演奏素材となっています。

このループ素材の特徴は、リージョンを選択するとドラムパターンをカスタマイズ出来ることです。

視覚的に見やすく直感的にさわれますのですぐにドラムパターンが生成されます。

使い方はDrummerの使い方を確認して下さい。

 

Logic Pro Drummer機能を使用する

 

お気に入り登録をする

①お気に入り登録すると、②のボタン一つで絞り込むことができます。

ループ素材で気に入ったものがあった場合、ハートマークのチェック欄にチェックをいれることで、画面上のハートマークにチェックが入ります。

チェックを入れた全ての素材が絞り込まれ、出て来ます。

沢山ある音源の中で、気に入ったものはチェックをいれるようにしておきましょう。

自分のループ素材を作る

Apple Loopsは、自分でも作成することができます。

やり方はとても簡単で、自分で作成したリージョンをApple Loopsに放り込むだけです。

それではやってみましょう。

自分の作ったリージョンをドラッグ&ドロップでApple Loopsが入っているところに入れます。

すると、➕マークが出てくるので、クリックを離して下さい。

上の画像が出て来ます。

名前を決め、スケール、ジャンル、キー、テンポ、どの楽器か、タイプはどのようなタイプか、を選び作成を押します。

画面上のループパックというところから、『すべてのジャンル』→『自分のループ』に先ほど入れたリージョンが入っています。

これで自分のループが完成しました。

先ほど作ったリージョンをトラックに入れたら使用できます。

ループ素材を作って貯めておくと、沢山のことができますので、やってみて下さい。

自分の素材がどこにあるのか

自分が作成した、素材を探したいときや、削除したい時などは、『Finder』→『Library』→『Audio』→『Apple Loops』→『User Loops』→『Single Files』→の中に自身が作成した素材が入っています。

それを削除すれば、自分の素材が消えますので、間違えた場合は消しましょう。

Apple Loopsのまとめ

Apple Loopsは、誰もが簡単に、良い音で楽曲が作成できますので、いろいろ組み合わせて楽曲を作成してみて下さい。

簡単に音楽が作成でき、また、新たな発見があるかもしれません。

今回は以上になります。

またの機会に。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA