Logic Pro 重要!簡単にバックアップするやり方!

このページで分かること

・バックアップの重要性が分かる

Logic Proで使うファイルの場所がわかる

・ファイルの圧縮方法が分かる

・バックアップのやり方が分かる

 

ゴリ〜っす!本日も記事を読んでくれてありがとうございます。それでは、ゴリゴリ行ってみましょう!!

バックアップの重要性とは?

 

皆さんはバックアップってとっていますか?自分はデータが消えたことないから大丈と思っていませんか?

せっかく時間をかけて作った曲が、ある日突然『開かない!!』ってことは1年に1回くらい有るか無いかですが、いざという時の対処法として、バックアップはとるべきだと思います。

Logicの保存場所フォルダ

 

Logic Proで作成したファイルを保存している場所を知っておきましょう。

プロジェクトがデフォルトで保存されるフォルダは、Finder移動コンピューターMacintosh HD 自分がつけたホーム名ミュージックLogic Pro X最後の Logicフォルダ に入っています。

Apple Loopsの保存場所

 

次に自分が作成したApple Loopsの保存場所になります

Finder移動コンピューターMacintosh HDライブラリ Audio Apple LoopsUser Loops の中に自作のApple Loopsが入っているため、間違えて作成した場合や、いらなくなったLoop素材は、ここで消去することができます。

各種フォルダの保存場所

 

いろんなソフトのデータファイルが入っている場所になります。

Finder移動コンピューターMacintosh HD自分がつけたホーム名ミュージックAudio Music Appsの中に各種フォルダが入っています。

 バックアップのやり方

 

バックアップのやり方について解説します。

Logic Proをバックアップするには、Time Machineを使うやり方と、ファイルを外付けストレージにコピーするやり方があります。

 

ファイルをコピーしてバックアップする

 

今回は、Time Machineでバックアップする方法ではなく、ファイルをコピーしてバックアップする方法を解説いたします。ファイルをバックアップする方法は次の通りです。

 

 

Logicの画面上『ファイル』から②『保存』を選択します。

 

 

③で名前をつけます。今回はバックアップ用という名前にします。

④で保存場所を指定します。今回はデフォルトの場所『Logic』の中に保存します。(この保存はどこでもいいです)

⑤でパッケージかフォルダを選択しますが、今回はパッケージを選択します。

⑥保存を押します。

 

 

⑦、⑧で先ほど保存した場所に行けます。

⑨は先ほど保存した『バックアップ用』のパッケージができています。

ファイルを圧縮する

 

 

①ファイルの上で右クリックすると、プルダウンメニューが開かれます。

②でバックアップ用を圧縮します。するとバックアップ用.zipというファイルができます。

 

 

そのzipファイルを、最後に自分が使用している外付けストレージに移せば完了します。

以上でコピーのバックアップが完了します。

Logic Pro バックアップのまとめ

 

プロジェクトに編集をかけたりする場合は、必ずバックアップをとっておき、いつでも編集前の状態に戻せるようにしておけば安心です。

Logic Proでは、オーディオ波形の破壊編集というのができるのですが、便利な反面、元のオーディオファイルに戻せなくなりますので、取り返しが付かなくなる場合があります。

バックアップをとっておけば、いつでも戻すことができるので、必ず編集前はこのやり方でバックアップをとっておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA