エンベロープについて

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでLogic Proの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

家庭用USEN

エンベロープについて

みなさんは、エンベロープをご存知ですか?

そんなの知らなくても良い!適当にさわっていても良い音は作れる!と思っているそこのあなた。

少しだけお付き合い下さい。

エンベロープを知ることで、音源(シンセなどの音)やエフェクトプラグインを、自分が想像している音に変化させることができます。

音作りには欠かせない知識となるので、これから見ていくエンベロープをぜひ使っていきましょう!

エンベロープのことを知るには、まずADSRを知る必要があります。

ADSRって何?

ADSRとは、Attack(アタック)、Decay(ディケイ)、Sustain(サステイン)、Release(リリース)の略語になります。

音量変化に関係する、あらゆる種類の音楽制作に欠かせない概念の一つになります。

この四つのパラメータを操作して、ADSRエンベロープのサウンドを構築していくのですが、この調整が非常に難しいんです。

ADSRでのパラメータをつかうことで、どういう風な音楽や音が作れるかを知ることは、クリエイターにとっても必要不可欠な知識になります。

今回は、このADSRエンベロープがどのように動作するのか、どういった使い方があるのかを、よりADSRへの理解が深められる様に解説していきます。

さらに、ADSRのパラメータを調整して求めているサウンドを作る方法についても見ていきます。

ADSRの概要

ADSRは、音のアタック、ディケイ、サステイン、リリースです。

この四つのパラメータが一緒になり、ADSRエンベロープを構成します。

ADSRエンベロープは、時間の流れにそって、設定して行きます。

すべての音は、ADSRを使って説明することができます。

私たちが生活している中で例えるとするならば、車のドアを閉める音をまずは想像して下さい。

車の音を閉める音「ドン」と言う音は速いアタックと速いリリースを持ちます。

また、船が出る時の音「ボーン」と言う音は、長いリリースと遅いアタックで構成されています。

上の説明で少し分かりにくい場合は、ADSRの基本から説明していきます。

ADSRエンベロープは、実際に音を出してみて設定してみると理解が深まることでしょう。

ADSRの各パラメータ

ADSRの各パラメータの意味は以下のとおりです。

アタック

音の立ち上がりの部分です。

ディケイ

アタックが減衰(徐々に小さくなる)範囲になります。

サスティン

アタックが終わり音がのびる部分です。

リリース

サスティンが減衰するまでの時間です。

ADSRの使用方法

ADSRが何なのか、だんだんわかってきましたか?

では、今度は各パラメータを使って最適な音作りの方法とタイミングを調整していきましょう。

ADSRには限りない使い方があります。

どの楽器でも、役に立つ使い方もあります。

その反面、適当にパラメータを設定しても、良い結果にはならないでしょう。

ここからは、ADSRを使う上で基本となる設定について見て行きます。

ここで音つくりを解説する。

エンベロープのまとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうこざいました。

ADSRを少しでも理解できたんではないでしょうか。

音は探さず自分で作る!を意識して、ADSRを使っていきましょう。

ADSRを理解することで、音の可能性の世界が無限に開かれます。

作ったADSR設定をプリセット化して、違う音源に適用してみても、新しい発見があるかもしれません。

自分のサウンドにアタックして、良いサウンドをディケイしてください。

サスティンみたいに流れて最後にリリースしていきましょう!

それではまた。