GarageBandキーボード音源

本日は、GarageBandに初めから搭載されている音源を紹介していきます。

キーボードの音源を探している方は、GarageBand付属の音源でも、楽曲に取り入れることができるのではないでしょうか。

キーボードの音源は数が多いため、何回かに分けて解説していこうと思います。

それでは、音源の数々をみていきましょう。

キーボード・シンセの音源パート1

ここからは、キーボードやピアノ、シンセの音源をみていきます。

80s Bitate Synth(80年代 ビットレート・シンセ)

ビットレートシンセの音源は、ふわふわした音源になります。 幻想的ですね。周波数特性が広く、この音源だけでも寂しくないでしょう。

80s Chime Vibe(80年代、チャイム・ヴィブラフォン)

チャイムにビブラートがかかったような音です。何かの音に混ぜる感じで使うのがいいかもしれませんね。

80s Signature Kyboard(80年代シグネーチャー・キーボード)

ゲームの音楽マインドクラフトに出てきそうな音ですね。どこかで聞いたことがある音です。なんだか懐かしいような。

80s Sine Synth(80年代 サイン・シンセ)

80年代に代表されるサイン波が特徴的なシンセ音源になります。

80s Wave Bells(80年代・ウェーブ・ベル)

水中の中にいるときのテーマソングみたいな感じの音源ですね。

Azure Crystal Synth Bells(アズール・クリスタル・シンセ・ベル)

冷たくも暖かい音がします。

Big Dripper(ビッグ・ドリッパー)

ビッグドリッパーでは、ボトルを叩いて音を出しているような音がします。

Boogie Man Piano(ブギ・マン・ピアノ)

ブギマンピアノは、正直どこで使うかわかりませんが、特殊効果的に楽曲に適用すれば、何か新しい発見があるかもしれませんね。

Cheap Organ(チープ・オルガン)

名前の通り、安っぽいオルガンの音がします。楽曲には馴染みやすい音かと思います。

Chimera Hammer(キメラ・ハンマー)

詰まった感じの音がします。

Claverotor(クラバローター)

ホラーで使えそうな音源です。

Clouds of Mercury(クラウド・オブ・マーキュリー)

惑星の雰囲気を漂わせている音源です。使い道がわかりません。

Cortlandt Alley River Synth(コートランド・アレイ・リバー・シンセ)

裏路地の川が流れるイメージです。

Dark Lo~Fi Piano(ダーク・ローファイ・ピアノ)

ローファイ感が半端ないピアノ音源になります。

Different Phases Clav(ディファレント・フェーズ・クラブ)

フェーズの入り組んだ複雑な反響音の不思議な音になります。

本日のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回はGarageBandに初めから搭載されている、無料音源をみてきました。キーボードやピアノ音源は、この他にも種類がたくさんあるので、随時公開していけたらと思います。

それでは、また。