DTMの基礎を覚える

家庭用USEN

DTMの基礎

今の時代、Mac1台で音楽を制作することが可能となり、プロなどでもDTM(デスクトップ・ミュージック)を使って音楽を作成しリリースする時代になりました。

プロもアマも自分にあったDTMを使い作曲や編曲をしています。

このDTMですが、結構奥が深く、使おうとすると何年もの年月がかかってしまいます。

Macコンピューターを使っている方であれば、GarageBandやLogic Proを覚えて、自分のオリジナルの曲を制作しないともったいないでしょう。

使い方を覚えてしまうと、自由に作曲などができるようになるので、挑戦してみてください。

DTMとは?

DTMとは、『Desktop Music』の略語になり、パソコンのデスクトップで作る音楽の総称として使われている言葉になります。

パソコンで音楽を制作するには、そのパソコンに合った専用のソフトが必要になってきます。

Macを持っている人やWindowsを持っている人によって使えるソフトが違ってきます。

今持っているパソコンやタブレット、またこれから購入しようとしているパソコンやタブレットなどで、自分が作りたい音楽が簡単に作れるかどうか、考えてみてください。

DTMの基本

DTMは先ほども言いましたが、『Desktop Music』の略で、パソコンを使って音楽制作をする基本の用語になります。

ですからMacで音楽を作る場合には、DTMで音楽を作ると置き換えることができます。

DTMは外部の音源や、自分で演奏した音源、MIDIを使った音源を編集しながら曲を作っていくイメージになります。

パソコン1台あればすぐにDTMを始めることができるので、迷われている方は自分にあったDTMを調べて探してみてください。

Macユーザーであれば、絶対にGarageBandをおすすめします。

理由は、使いやすくワンランク上の編集をしようとしたときに、すぐにLogic Proに移行することができるからです。

Logic Proは、GarageBandで使い慣れた人が、プロ級の調整をできるようにするためのワンランク上のソフトとなります。

操作画面もGarageBandはオシャレで見やすいので、迷わずGarageBandを選びましょう。

DAWとは

DTMと混乱しがちな用語としてDAWというものがあります。

DAWは『Digital Audio Workstation』と言われ、音楽を制作する専用のソフトになります。

先程の説明で言えば、Macユーザーの方はGarageBandやLogic Proが『DAW』ということになります。

Macを使っている人なら無料で使えるGarageBandを開けて、音楽生活をスタートさせましょう。

DTMを始める前に

DTMを始める前に、GarageBandやLogic Proにはさまざまな音源があらかじめ用意されています。

その音源をもう少し別のものにしたい場合には、バリエーションが豊かな追加音源を購入してGarageBandなどに入れることも可能です。

DTMの得意ジャンルとしては、ヒップホップやR&B、打ち込み系のジャンルなどがあります。

生楽器で演奏する人でも、オーディオインターフェイスを使うことで、音を録音し作曲や編曲をすることも可能となります。

DTMを始める前に作りたい音楽を決めてジャンルを選択しましょう。

曲の作り方などは、人それぞれになり、100人いれば100通りの作り方が存在します。

どんな楽器を使うのか、打ち込みで行くのかそれとも生楽器を使うのか、ヴォーカル録音がやりたいのか、最初にどこまで作るのかなどを総合的に決めておくのもいいかもしれません。

目指す音楽によって、必要となる機材なども変わってくるので、DTMを始める前には自分が作りたい曲には何が必要なのかを考えて、やっていきましょう。

作りたい音楽で必要になる機材や楽器

自分が作りたい曲や、やりたいことで、必要になってくる機材や方法が変わってきます。

Macを使って作曲や『歌ってみた』、生楽器を録音したりする場合に必ず必要となってくる機材があります。

DTMをする人なら誰もが必要になる機材に『オーディオインターフェイス』という機材があります。

このオーディオインターフェイスの役割は、ギターやベースなどのアナログの音をデジタルに変換してくれる機材になります。

このオーディオインターフェイスがあれば、マイクなどをつなげて歌を録音したり、ヘッドフォンをつなげて音楽を視聴したりモニターすることも可能となります。

DTMをするのであれば、必ず手に入れたい機材になるので、後悔しない機材選びをするようにしましょう。

GarageBandやLogic Proに使いなれてきたときに、あると便利な機材も紹介します。

鍵盤楽器やMIDI入力がやりたい場合にはあると便利な機材が、シンセサイザMIDIキーボードなどになります。

この鍵盤楽器があるのとないのとでは、作業の効率が全然違います。

GarageBandやLogic Proにはあらかじめキーボードを鍵盤楽器に変換して、キーボード上で打ち込みなどできる機能がありますが、やはり鍵盤楽器を購入して打ち込みや録音をする方が作業効率としては、はるかに早いでしょう。

歌ってみた動画の音源を作りたい方や、フォークギターの生演奏などをやりたい方などは、コンデンサーマイクなども必要になってくるでしょう。

Logic Remoteを使って作曲をする

GarageBandやLogic Proには、最強とも言える機能が存在します。

みなさんはiPhoneやiPadを持っていますでしょうか。

このiPhoneやiPadで、なんとGarageBandやLogic Proを操作することができます。

Logic Remoteのアプリをダウンロードし、GarageBandやLogic Proと同じインターネット回線(W i-Fi)を使うことですぐにペアリングすることができます。

W I-Fi接続で遅延を感じる場合には、USBケーブルで接続することをおすすめします。

この機能は、遠くに離れていても操作することができるので、使わない手はないでしょう。

宅録をしている方で、一人で録音や音量調整するときにでも、離れた場所から操作ができるので、パソコンに戻って録音、録音場所に行って録音し、またパソコンに戻って停止、などの面倒な行き来がなくなります。

また、鍵盤でコードを弾けない人でもLogic Remoteを使うことでコードが簡単に打ち込めるのも魅力の一つでしょう。

①Logic リモートの三角ボタンをタップします。

②コードストリップを選択します。

これでコードをすぐに打ち込むことができます。

ぜひ使ってみてください。

DTMの基礎を覚えるまとめ

いかがでしたでしょうか。

これからDTMを始めて音楽制作をしたい方は、今一度どのDAWを使うかを考えて、後悔のないようにしていきましょう。

結局どのDAWを使っても音楽制作はできるのですが、Macを使っている人であれば絶対にGarageBand、Logic Proをおすすめします。

Apple社が倒産することは考えにくいので、これからも一生使っていけるソフトとなるはずです。

DAWソフト選びに迷った方は、GarageBandかLogic Proを使っていきましょう。

それではまた。