MENU

Logic Pro ショートカットを使う

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでLogic Proの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

   

⭐️ショートカットを設定する前に

⭐️再生

⭐️ミュージックタイピングの出し方

⭐️すぐに録音

⭐️コントローラをアサインメントする

⭐️再生ヘッドの位置まで移動するには

⭐️ショートカットキーのマーク一覧

⭐️ショートカットキーの詳細設定

 

Logic Proを使っていて、メニューから編集したり、設定をしたり、ウインドウを開けたりするのに疲れを感じていませんか?

Logic Proにはキーコマンドという機能があり、ほぼ全ての動作をキーコマンドで設定し実行できます。

キーコマンドは、自分が使いやすく、好きなようにカスタマイズできますので、普段よく使うコマンドを設定することで、時間の短縮になります。

 

再生ボタンを押さずに再生するには、キーボードの『space』キーを押します。もう一度押すと再生がストップします。

 

ミュージックタイピングのショートカットは『Command⌘+K』で出すことができます。

 

録音ボタンを押さずに録音したい場合は、キーボードの『R』を押すことで、すぐに録音を開始できます。

 

コントローラの操作で、プラグインエフェクトやオートメーションを操作することができます。

キーボードの『command⌘』+『L』で簡単に設定することができます。

Logic Proを使っているときに、再生ヘッドの位置まで移動させたいときがあります。

そういったときには、ショートカットキーの『^』ボタンを押しましょう。

再生ヘッドの位置までジャンプします。

Macを使っていて、いざショートカットキーを使おうとしても、Macにはわかりやすくするためにマークを振っていることがあります。

ただ、これがわからなくなる原因の一つで、覚えるまではどのマークがどのキーボードボタンに属しているかわからないものです。

そこで、キーボードのマークを覚えるまでは、下記の表を参考にしてみて下さい。

覚えたらそれほどでも難しくはありませんので。

Command(コマンドキー)

shift (シフトキー)

option(オプションキー)

Control(コントロールキー)

Return(リターンキー)

Delete(デリートキー)

Forward Delete(フォワード・デリートキー)

上下左右キー

Page Up・Down(ページアップ・ダウンキー)

Top(Home)(トップキー)

End(エンドキー)

Tab Right(タブ・ライトキー)

Tab Left(タブ・レフトキー)

Esc(Escape)(エスケープキー)

 

 

①画面右上のリンゴマークから、システム環境設定を開きます。

②アクセシビリティを開く

アクセシビリティボタンを選択します。

 

③複合キーにチェックを入れる

アクセシビリティの中の『キーボード』を選択し、複合キーにチェックを入れます。

④オプションで詳細設定

オプションを押すことで、詳細を設定することもできます。状況に合わせて設定しましょう。

複合キーの詳細を設定することで、画面上に修復キーが表示されたり、音を出したりすることが可能になります。

キーを覚えるまでは、この方法で確認するのをおすすめします。

『押されたキーを画面に表示』にチェックを入れると、ショートカットキーのマークを押したときに、画面にキーが表示されます。

2回連続で押すと、キーがロックされます。

 

 

機能 キーコマンド 使用できる状況
録音 R
録音/録音を切り替え 𝍖 アスタリスク(*)
録音を破棄して最後の再生位置に戻る

 

Command +ピリオド(.)
録音として取り込む Shift + R 詳細ツールを表示する
再生 𝍖
一時停止 𝍖 ピリオド(.)
停止 𝍖 0
再生または停止 スペースバー
巻き戻し 𝍖 カンマ(,)
早送り 𝍖 ピリオド(.)
高速巻き戻し Shift +カンマ(,)
高速早送り Shift +ピリオド(.)
ウインドウ左端の位置から再生 Shift + ⌅ 詳細ツールを表示する
位置の移動… 𝍖 スラッシュ(/)
パンチ・イン・ロケータを再生ヘッドで設定 “Control + Option + Command + I”
パンチ・イン・ロケータをおおよその再生

ヘッド位置で設定

“Control + Option + Shift + Command + I”
パンチ・アウト・ロケータを再生ヘッドで設定 “Control + Option + Command + O”
パンチ・アウト・ロケータ・ポイントを

おおよその再生ヘッド位置で設定

“Control + Option + Shift + Command + O”
ロケータをリージョン/イベント/マーキーで設定 Command + U
リージョン/イベントによりおおよそのロケータを設定 U 詳細ツールを表示する
左ロケータと右ロケータを入れ替える 𝍖 =
サイクルの長さの分ロケータを前に移動 “Shift + Command +ピリオド(.)”
サイクルの長さの分ロケータを後ろに移動 “Shift + Command +カンマ(,)”
SHARE