DCオフセットとは

DCオフセットとは何か

 

みなさんは、DCオフセットという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

DAWをしていると、このDCオフセットを知らないわけにはいきません。

DCオフセットを知らずにミックスしてしまうと、最後に直そうと思ってもDC成分を取り除くことができなくなります。

そういった失敗を無くすためにも、DCオフセットの知識を習得し、正しく除去していくことが必要になります。

本日は、DCオフセット(Direct Current)について見ていきます。

では、本題のDCオフセットとは何か?

DCオフセットとは、オーディオ波形データの平均値が中心の0からズレている事を表すことを言います。

音のオーディオ波形データは、真ん中の0を中心として上側の波(+側)と下側の波(-側)に波のように上下しています。

この上下を繰り返している波は、上側と下側が同じ等量(平均した中心がちょうど0になるように)がいいのですが、録音環境や使用する機材、電気的な影響や加工の方法などが原因で、上側の波形と下側の波形が均等でなくなる場合(中心が0からズレてしまう)があります。

オーディオ信号に直流成分の(DC)が乗ってしまうからです。

この結果、波形の中心部分が上側にずれてしまう現象が起きます。

この『0』から上側にずれてしまった状態を『DCオフセットがある』と言います。

Logic Proでは、オーディオ・ファイル・エディタで確認することもできます(やり方は後で解説します。)

DCオフセットがズレるとどうなるのか?

 

上の図を参照してもらえばわかるように、オーディオ信号が上側にずれているため、(点線で現したオーディオ信号の中心がプラス側にずれている)このまま、このオーディオ素材を使用すると、ダイナミックスを無くす恐れがあります。

またオーディオ信号が大きくなってしまうと、ずれた方の信号が本来よりも早くクリップを起こしてしまい、歪みが発生してしまいます。

この少しの歪みがスピーカーなどに悪影響を与えてしまいます。

これからミックスしていこうとしているオーディオ素材を扱うときには、あらかじめDCオフセット除去を行う必要があるのですが、DCオフセットを除去すると、全体が上下に移動してしまい、オーディオ信号の入り口と出口でゼロクロス(中心にピッタリと合わなくなる)ではなくなり、クラックルノイズ『プツプツ音』の原因になってしまいます。

DCオフセットがある場合の影響

 

DCオフセットが除去されていないとどのような影響があるのでしょうか。

考えられる影響は、DCオフセットがかかった状態で音を再生するとダイナミックレンジが低下してしまいます。

また、クラックルノイズ『プツプツ音』がオーディオ信号に乗ってしまい、耳障りなノイズが乗ってしまいます。

ミックスをした後では、このDCオフセットを除去することができないため、各素材の段階で一つずつDCオフセットの除去をすることをおすすめします。

DCオフセットの除去のやり方

それでは、DCオフセットの除去をやってみましょう。

まず、オーディオトラックを選択してオーディオ波形をエディタ画面に出します。

出し方は次のようになります。

1、オーディオリージョンをダブルクリックする。

2、画面左上の方にあるエディタボタンを押す。

3、ショートカットキーの『E』を押す。

これでエディタ画面を開けます。

エディタ画面を開き、『ファイル』を選択します。

『機能』から『DCオフセットを削除』を選びます。

「DCオフセットが見つかりました」と出てくるので、『削除』を押します。

今回は、0.003%のDCオフセットがありましたが、音源や素材によってパーセンテージは変わってきますので、削除していってください。

DCオフセットまとめ

 

今回はDCオフセットの概念を見てきました。

意外と気がつかないDCオフセットですが、オーディオにDC成分がある場合には、クリップノイズやスピーカーを痛めてしまう可能性があるので、できる限り除去していくのがいいのではないでしょうか。

また、ミックス後にDCオフセットはできないことも覚えておきましょう。

除去した後でも、クラックルノイズ『プチプチ音』が発生する可能性があるので、最後まで気を抜かずに取り組んでいきましょう。

それではまた。