Logic Pro マーカーを使って作業をする

マーカーを使って作業をする前に

マーカーとは、Logic Pro内で使える、『目印』みたいなものになります。

みなさんは、作業をしていてAメロがどこで、サビがどこにあるのかわからなくなった!という経験はないでしょうか。

マーカーを設定することで、そういった部分を素早く探し出し、再生したりアレンジや編集したりすることができるのです。

こんな便利な機能を使わない手はないでしょう。

今回は、このマーカー機能の解説をいたします。

マーカーを使うには

マーカーを使うには、LogicProの環境設定から、『詳細ツール…』を選択します。

そうすることで、詳細画面が開きますので、『詳細ツールを表示』にチェックを入れましょう。

ここにチェックが入っていない場合は、マーカー機能を使うことができませんので、注意して下さい。

 

マーカーを設定する

 

マーカーを設定するには、以下の方法があります。

①マーカーを設定するには、トラック上のこのボタンを押すことで、アレンジメントやマーカーなどが設定できる画面が開きます。

その中でマーカーの列にある『+』を押すことでマーカーを使えるようになります。

②画面上のメニューから『移動』を選び、『マーカーを作成』を選ぶことでもマーカーを追加することができます。

 

③ショートカットキーを使ってマーカーを設定します。これが一番早いです。

キーボードの『Option』+『@』を押すことで、マーカーを設定することができます。

マーカーを追加する

 

マーカーを追加するには、再生ヘッドの位置で先ほどのキーボードの『option』+『@』を押すことで追加することができます。

この他にも、再生ヘッドの位置で上で紹介したやり方を使うと設定できますが、個人的にはショートカットキーが一番早いと思います。

自分に合ったやり方で設定して下さい。