Logic Pro センドとインサート使い分け

センドとインサートを使いはじめる前に

 

センドとインサートと聞いても、何のことをいっているのか分からない方や、知らないけど適当に使っている方はいませんか?

センドとインサートの使い方が分かれば、今まで知らずに使っていた操作を、劇的に変えることができます!

センドやインサートのつなぎ方は、『これでなくてはいけない』というのは無いのですが、ある程度ルールにのって使うことで、さまざまな恩恵を受けることができます。

これから解説するセンドとインサートについて、詳しく見ていきましょう!

エフェクトのかけ方

 

エフェクトをかける時には、大きく分けてセンド系とインサート系の2通りに分けることができます。

基本的に空間系のエフェクト(リバーブやディレイ)はセンドでかけ、歪み系(オーバードライブ)などはインサートでかけることになります。

ここでは簡単にインサートとセンドを解説していきます。

上の画像では、①のインサートと②のセンドに分かれます。

①のインサートとは?

 

 

インサートとは、言葉の意味通り、『割り込ませる』という意味があります。

エフェクトを間に割り込ませることで、音にいろいろな加工ができるようになります。

例えば、ギターを録音するときに、ギター→エフェクター→アウトプットという信号の流れになります。

流れ的には一直線のイメージです。

アナログのミキサーを見てみれば、入力から一直線上にコンプ、EQが搭載されています。

これは、コンプやEQはインサートで使われていたからです。

追加でエフェクトをインサートにつないでコンプの二段がけなどをおこなっていました。

インサートは原音にそのままエフェクトをかけるため、複数のトラックにまたがってかけることはできません。

②の センドとは?

 

 

センドとは、他のトラックにエフェクトを挿し、原音にエフェクト効果を加えていくようにできます。

そのために、センドトラックを作成し信号をセンド(送る)必要があります。

センドを使うには、AUX(オグジュアリー)トラックを立ち上げ、そこにエフェクトを挿入します。

また、センドに送る原音には”0″に設定することを忘れないでください。

原音(DRY)=0

エフェクト音(WET)=100

に設定します。

この設定でトラックのフェーダーを上げ下げすることで、エフェクト音量だけを上げ下げできるようになります。

なぜ、このような処理をするかというと、原音の音量を上げてしまうと、音が濁ってしまうからです。

AUXトラックには、さまざまなトラックから音をAUXトラックに流すことができるので、ピアノやギタートラックに同じエフェクトをかけることができます。

空間系のエフェクトはインサートでは使うことがあまり無い。と言いましたが、コーラスなどの空間系エフェクトはインサートで使用することがあります。

つなげ方で音が変わる

エフェクトはつなげる順番で効果が変わってきます。

例えば、イコライザーをかけた後に、コンプレッサーを適用するのと、コンプレッサーをかけた後にイコライザーをかけるのでは、その後の音源に大きな違いが出てきます。

基本的には、どのような音にしたいかによって変わってきますが、イコライザーでいらない帯域をカットした後にコンプレッサーをかけることで、カットした低域にコンプがかからないため、スッキリした処理ができるようになります。

いろいろ試そう

DAWで便利なことといえば、エフェクトの順番をいつでも簡単に変更できるということです。

ハードウェアではそういったことをするのに、配線をやり直す必要がでてきますが、ソフトウェアでは、いつでも好きな時に変更することができるのです。

誰もが想像しないアイデアで、通常では考えられないつなぎ方をやってみるのも面白いんじゃないでしょうか!

センドとインサートの使い方まとめ

 

センドやインサートは、ミックス作業をしていると、ひんぱんに使用することになります。

この記事で使い方を勉強して、いろいろな使い方を自分で探してみてください。

AUXのセンドを使うと、何通りもの信号の流れを作ることができます。

誰も想像しないつなぎ方を考え、自分の音を作ってください。

センドとインサートを試して使ってみて、自身のミックスに活かしてみてください。

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA