Logic Pro リバーブの基礎知識

リバーブの基礎を見ていく前に

 

リバーブは、ミックスの基本となるプラグインで、イコライザー、コンプレッサー、の次に使用する回数が高いプラグインになります。

リバーブは、ディレイと違い機種によって異なるパラメーターをそなえています。

これは、機種ごとにリバーブの設定の仕方自体が違うからになります。

このプラグインの使い方がわからないと、曲全体が全然まとまりません。お風呂にいるかのような音になってしまいます。

それか、ドラム缶の中で歌を歌っているような感覚にもなります。

リバーブを正しく使い、習得すると自身の楽曲がハリウッド映画のような豪華な曲に仕上がる一方、一歩間違えるとむちゃくちゃダサイ、カラオケでエコーがかかっていない音痴が歌う『カエルの歌』になります。

それは避けたい!!

ということで、そんなことが嫌なあなた!!本日のこのページでリバーブを習得していきましょう。それでは見ていきましょう。

リバーブとはそもそも何なの?

 

リバーブとは、カンタンに言えば残響音です。残響音って?と言う人のために、残響音とは響きです。

響きって?それは調べて下さい。

このリバーブと言うプラグインは、音に響きをくわえることで、ぎじ的に残響音を加えた音に変更してくれます。

そうすることで、教会で録音しなくても教会の音で鳴らしてくれます。

リバーブは壁や天井に反射した音が複雑にまざりあってできた音です。

リバーブには次の2種類のリバーブが存在します。以下見ていきましょう。

 

リバーブの種類とは

 

先ほどリバーブには2種類存在すると言いましたが、まず一つ目はデジタルリバーブです。

これはDAWに元々付属しているものや、サードパーティー(有料で購入したプラグイン)の中に入っているものなどいろいろ存在します。

ボタンをポチポチするだけでカンタンに残響音を足すことができます。

操作することでいろんな残響音をつけることができます。

もう一つがIR(インパルス・レスポンス)というコンボリューションリバーブ(サンプルリバーブ)です。有名なのがWavesのIR-Lです。

これは、先ほどのデジタルリバーブとは全くがいねんが異なります。

このリバーブは、音の響きのデータ自体を読み込み、それを音に取り込んで使用するリバーブになります。

初期のコンボリューション・リバーブは、IRファイルの響きをそのまま使うのが一般的だったんですが、最近では、リバーブタイムなどのパラメーターをいじれるものが主流になっています。

 

 

砂漠や洞窟の中の残響音をぎじ的に作り出すことで、その場所に行ったかのような響きにしてくれます。

センド系とインサート系

 

エフェクトをかけ方は、次の2通りのかけ方があります。

①のインサート(トラックに縦一列プラグインをかけていくやり方)

②のセンド(Busを経由してAUXオグジュアリーチャンネルに音を渡すやり方)

基本的に空間系のエフェクトは②のセンドでかけるの一般的ですが、最近ではインサートでかける方が多くなってきた気がします。

パソコンのスペックが良くなり、センドでリバーブをかけなくても良くなったからかもしれませんね。

センドの使い方は『センドとインサート使い分け』を参照してください。

Logic Pro センドとインサート使い分け

リバーブのパラメーター

 

リバーブタイプ

 

リバーブタイプには残響をどのようなタイプで設定するのかを決めることができます。

Hall(ホール)は会場などの残響がものすごく響く場所でのリバーブになります。MIXのマスターに使用したりします。

Room(ルーム)は部屋の残響音を再現してくれます。ピアノ、ホークギターに合います。

Plate(プレート)は金属音になります。ボーカルにはこのプレート音がよく合います。

Chamber(チェンバー)はリバーブの音を作るために反射板をいろんな角度で設置して作り出した部屋の残響をシュミレートしたものになります。ドラムに使用したりします。

Church(チャーチ)は教会です。ストリングスに合いますね。

Spring(スプリング)はバネによって作られるリバーブになります。ギター、オルガン、エレピなどに合います。

このようにタイプべつでリバーブが深くかかったり、少しのリバーブ音がかかったりといろいろな再現が可能になります。

プリディレイ

 

プリディレイとは、原音が出力されてからリバーブが始まるまでの時間差を設定するパラメーターです。

カンタンに言うならば、響きの始まりを遅らせると言うことです。

 

 

空間の奥行きを作りたいときは、値を大きく設定します。

これは、大きな空間で声を出した時に、その声の響きが跳ね返ってあなたの耳に届くまでに少し時間がかかるような設定になります。

部屋の奥行きが広くなったと言うことです。

プリディレイは『建物の広さを設定する』と覚えておくと良いです。

リバーブを設定するときには、このプリディレイを慎重に決定しましょう。プリディレイの設定で、良くも悪くも楽曲が変化しますので。

 

リバーブタイム(Decay)

 

リバーブタイム(ディケイ・タイムとも呼ばれる)とは、リバーブの長さを設定するパラメーターになります。

単位は一般的に秒=セカンド(second)となります。

発生した残響成分が減衰して消えるまでの時間になります。

時間を長くすると長い残響音が得られます。

あまり長くすると、残響がひつこく残りますから、全体的にきたない印象になります。

既存の楽曲のテンポやフレーズに合わせて設定しますが、最近ではプラグインが自動で設定してくれる物もあります。

この後に解説するローダンプとハイダンプの設定によっても影響を受けます。

リバーブタイムの大まかな決め方は以下の通りです。

①小さな部屋や、小さなスタジオのアンビエンスは0.7s以下に設定します。

②大きめの部屋は0.8s以上3.0s未満

③小さなホールでの響きは1.2s以上3.5sくらい

④大きな大ホールの場合は2〜5sほど。

⑤ムチャクチャ大きいホールは5s以上

⑥プレートリバーブは2s以上4s未満という具合です。

この数値をうのみにせずに、自分で聞いて良いと思うリバーブをかけるように心がけましょう。

 

ローダンプ・ハイダンプ

 

ローダンプ・ハイダンプはリバーブの響きを決める最も重要な要素になります。

このローダンプ・ハイダンプは低域や高域のリバーブの長さを決めるものになります。

これは、リバーブの長さを基準にし%で表示したりします。

ローダンプを100%以上にして、ハイダンプを100%以下にすると、低域が強調されるため『ややくらいイメージ』になります。

逆に、ローダンプを100%以下にしハイダンプを100%以上にすると『明るいイメージ』になります。

フリーケンシーというパラメーターで、どの帯域(周波数)の響きをコントロールをするかを決めることができます。

ローは100Hz〜200Hz、ハイは3kHz〜5kHzあたりで固定されている機種が多いです。

 

サイズ(Depth)

部屋や建物のサイズを設定できます。値を大きくすると部屋のサイズが広くなります。

逆に値を小さくすると部屋のサイズが狭くなる設定にできます。

 

ドライとウェット(Dry/Wet)

 

ドライは、元の音を言います。ドライ全開にすると、リバーブはかかりません。

その逆でウェットは残響音を設定します。

 

デンシティ(Density)

 

デンシティとは残響音の密度を設定できます。

値を大きくすれば残響音がなめらかに減衰していきます。

値を小さくすると残響音が極端に減衰していきます。

 

ディフュージョン、アーリーリフレクション(Early Reflection)

 

ディフュージョンとアーリーリフレクションは壁からの反射音を調整するパラメーターになります。

ディフュージョンは、リバーブプラグインにほぼ備わっているパラメーターになります。これは空間の壁の材質などによって異なる反射音の割合を決めるものになります。

リバーブの存在感を増やすのであれば、この値を高く設定します。そうすることで、響きの密度が増した感じになります。

アーリーリフレクションは、初期反射と呼ばれる壁からの直接反射音のことです。

反射の多い空間では、広がるリバーブの響きが跳ね返ってくる前に、壁から直接跳ね返ってくる音が聞こえます。

これをリバーブとは別に設定するのが、アーリーリフレクションレベルと言います。

 

リバーブプラグインおすすめ

 

リバーブのプラグインで、ものすごく使用頻度が高いのが、Waves社のリバーブプラグインになります。

中でもRenaissance Reverb(ルネッサンスリバーブ)は使いやすく、どんな楽器にも合わせることができるので、大変役に立っています。

その他は、True Verb(トゥルーバーブ)なども奥行きが出て、楽曲全体を包み込んでくれます。

バンドルになっているゴールドかダイヤモンドを購入すると、その中にどちらも入っているため一つ持っておく価値はあるのではないでしょうか。

また、iZotope社のリバーブでNeoverbというリバーブがあるのですが、このリバーブは3種類のリバーブをブレンドし、最適なリバーブを作ることができるプラグインになっています。

Reflection(リフレクション)Plate(プレート)Hall(ホール)の3種類も詳細に設定することができ、Reverb Assistant(リバーブアシスタント)機能を使うことで、AIが瞬時に判断し楽曲に最適なリバーブを自動でかけてくれる画期的なプラグインです。

 

リバーブ基礎知識のまとめ

 

リバーブを習得すると、音を自在に操り、その場にいるかのような臨場感あふれる音にできます。

ここで勉強したリバーブの使い方を何回も確認し、自身の楽曲をハリウッド映画の音楽のようにして下さい。

そしてこう言うのです。

『リバーブを制するものは世界を制する』と。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA