Logic Pro エフェクト Microphase(マイクロフェーザー)の使い方

Microphaser(マイクロフェーザー)エフェクトを使う前に

 

Microphaser(マイクロフェーザー)はモジュレーションの一種になります。

モジュレーションには、スプレッダーやコーラス、フェーズなどさまざまな種類があります。

モジュレーションエフェクトを使い、楽曲に深みや広がりを付けることができます。

これから、このモジュレーションエフェクトの中に入っているMicrophaser(マイクロフェーザー)エフェクトについて解説していきます。

それではMicrophaser(マイクロフェーザー)の使い方を見ていきましょう。

Microphaser(マイクロフェーザー)の使い方

 

Microphaser(マイクロフェーザー)エフェクトは、音を噴射させているかのような効果を作ることができます。

音の特徴を一言でいえば、UFOから宇宙人が降りてくるときに「フォアフォアフォアフォア」みたいな効果音がありますが、擬似的にこのような効果を作り出すことができます。

 

 

Microphaser(マイクロフェーザー)をトラックに適用するには、『Modulation』の中の『Microphaser』を選択し、適用します。

それでは、Microphaser(マイクロフェーザー)エフェクトの各パラメーターを見ていき、操作してみましょう。

Modulation

  1. Chorus(コーラス)
  2. Ensemble(アンサンブル)
  3. Flanger(フランジャー)
  4. Modulation Delay(モジュレーション・ディレイ)
  5. Phaser(フェーザー)
  6. Ringshifter(リングシフター)
  7. Rotor Cabinet(ローター・キャビネット)
  8. Scanner Vibrato(スキャナー・ビブラート)
  9. Spreader(スプレッダー)
  10. Tremolo(トレモロ)

 

エフェクトを使うときには、共通のパラメータがあります。

共通パラメータを確認するには、『エフェクトを使うときの共通パラメータ』を参照してください。

エフェクトを使うときの共通パラメータ

 

Microphaser(マイクロフェーザー)の各パラメータ

 

LFO Rate(LFOレート)

LFOの周波数(速度)を設定するパラメーターです。周波数を上げていくと、揺らぎの速度が早くなります。単位はHzになりますが、高い周波数ほど揺れる回数が多くなるため、変化が激しくなります。

 

Intensity(インテンシティー)

インテンシティーは英語で強度という意味があります。

インテンシティーはモジュレーション量を0%から100%の間で変更することができます。

100%にすることでアタックを強調した揺らぎに変化します。

 

Feedback(フィードバック)

 

入力信号に戻すエフェクト信号の量を調整します。

0%から100%の間で設定し、LFO Rateで設定した周波数の返し量を調整します。

100%にすることで、LFOの揺れを最大に返すことができます。

 Logic Pro エフェクトMicrophaser(マイクロフェーザー)使い方まとめ

 

Microphaser(マイクロフェーザー)を使い、揺らぎを加えることで、Microphaser(マイクロフェーザー)独特のサウンドを得ることができるようになります。

モジュレーションエフェクトは、他にもさまざまなものが存在します。

いろいろなモジュレーションエフェクトを使ってクリエイティブに音楽作成ができるように、パラメーターをいじって覚えていきましょう。

それではまた。