Logic Pro フレームレートとは

フレームレート(fps)とは

 

FINAL CUTやfimoraなどの画像を編集するときに、毎回出てくるのがこのフレームレートです。

フレームレートとは何かを皆さんはご存知でしょうか?

フレームレートとは「1秒間に何枚の画像を流すか?」という値になります。

パラパラ漫画のようなイメージです。

写真を連続して撮影していくと、動画となります。

 

e6affbfec34f711742f2dd1ee7d8a1b6.jpg

フレームレートの違い

 さきほど解説したように、フレームレートは、『1秒間にどれくらい写真を出すか』できまるため、24fpsなら24枚になります。

一般的に1秒間に24〜30fpsくらいあれば、普通に違和感無く動画を見えると思います。

では何故60fpsや120fpsなどがあるのか?

それはフレームレートも数値が大きいほど被写体の動きがスムーズに見えるためです。

ただ、値が大きいほど、記録するデータの量が多くなり、高スペックのPCなどが必要になるので、パソコンのスペックと相談してみて下さい。

動画編集などはどれを選ぶべきか

 

映画などは24fps,テレビは30fps,ゲームや、スポーツ、スロー動画やアクション系動画などは60以上となります。

YouTubeや普通の動画編集をする時に選ぶフレームレートは30fpsほどあれば十分ではないかと思います。

30fpsは臨場感が得られるので、テレビなどで使われているんですね。

スローモーションなどで画像を確認すると、高いフレームレートの方が、なめらかですが、動画の視聴などの普通の動きの場合、大してわかりません。

てか、気になりません。

結論は、30fpsほどあれば良いということになります。

正確には29,97fpsですが、29,97fpsで動画を撮ったなら、29,97fpsでも問題はないです。

ただ、録画した時のフレームレートと、編集する時のフレームレートは必ず合わせて下さい。

また、映像を撮ってLogic Pro に入れるときも同様に、合わせて下さい。

そうしないと編集する時に、音がずれてきます。

初めは違和感がないかもしれませんが、だんだんと後ろのほうになるに従ってずれてきます。

60fps以上は?

 

次に60fpsから上。

このフレームレートがなぜあるのかと言うと、スポーツやアクションなどで、スローモーションにした時、なめらかな動きをします。

カンフーで、地面を蹴った時の砂ぼこりがきれいに撮れたりするのも、フレームレートが多いからです。

フレームレートが多ければ欠点があり、データ量が重くなります。

24fpsは?

 

次は24fps(23,98fps)です。

これは映画などによく使われているフレームレートになります。

カメラなどで撮影されたフレームレート24fpsは、だいたい23,976fpsで撮影されていますから、23,98fpsを使うといいでしょう。

また、なぜ映画とかでこのフレームレートを使うかと言うと、人の動きが一番自然に見えるフレームレートだからです。

なので、自分の作品を良く見せたい時は、このフレームレートを使ってみたらいいんではないでしょうか。

 

Logic Pro でフレームレートを使い方まとめ

 

ここまで聞いていただいて、高いフレームレートが良いのではなく、自分が求めている映像に合ったフレームレートを選ぶべきだと言うことがわかります。

高いフレームレート=高画質ではないと言うことを覚えておいてください。最後にこれだけは守っていただきたいことがあります。

動画を撮影したときのフレームレートと、動画を編集するときのフレームレートは、必ず合わすようにしてください。

Logic Pro に映像を入れるときも同様です。

何故かと言うと、映像と音声がずれることになりますので、ここだけは守ってくださいね。

以上で今回の解説を終わります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA