GarageBand エフェクト Tremolo(トレモロ)の使い方

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

Tremolo(トレモロ)エフェクトを使う前に

 

Tremolo(トレモロ)はモジュレーションの一種になります。

モジュレーションには、フランジャーやフェーザー、リングシフターなどいろいろな種類があります。

モジュレーションエフェクトを使い、楽曲に揺らぎを起こすことで、さまざまな変化を楽曲に与えることができます。

これから、このモジュレーションエフェクトの中に入っているTremolo(トレモロ)エフェクトについて解説していきます。

モジュレーションエフェクトはTremolo(トレモロ)の他に下記のエフェクトがあります。

Modulation(モジュレーション)

  1. Chorus(コーラス)

  2. Ensemble(アンサンブル)

  3. Flanger(フランジャー)

  4. Microphaser(マイクロフェーザー)

  5. Modulation Delay(モジュレーション・ディレイ)

  6. Phaser(フェーザー)

  7. Ringshifter(リング・シフター)

  8. Rotor cabinet(ローター・キャビネット)

  9. Scanner Vibrato(スキャナー・ビブラート)

  10. Spreader(スプレッダー)

使い方はリンクを参照して下さい。

それではTremolo(トレモロ)の使い方を見ていきましょう。

Tremolo(トレモロ)の使い方

 

Tremolo(トレモロ)エフェクトは、入力信号の振り幅をモジュレートして周期的に音量を変化させて独特の揺らぎを付け加えることができるエフェクトになります。

ビブラートと良く似ていますが、トレモロとビブラートは違いますのでご注意下さい。

 

Tremolo(トレモロ)をトラックに適用するには、『Modulation』の中の『Tremolo』を選択し、適用します。

それでは、Tremolo(トレモロ)エフェクトの各パラメーターを見ていき、操作してみましょう。

Tremolo(トレモロ)の各パラメーター

 

ON/OFF機能

ON/OFF機能は、プラグイン画面左上のボタンを押しOFFとONを切り替えます。

OFFにすることでグレー色に変わり、エフェクトがOFFの状態(バイパス)になります。

ONにすると青く点灯します。

『バイパス』とは、エフェクトをOFFの状態にしたことを言いますので覚えておきましょう。

チャンネルストリップ

デフォルトボックスの下矢印をクリックすることで、チャンネルストリップ画面を開けることができさまざまな項目が出てきます。

 

 

詳細では、デフォルトとして保存したりデフォルトを呼び出したりすることが可能になります。『デフォルトを呼び出す』では、元の設定に戻すことができます。

変なところを触ってしまったり、初期設定の音に戻したくなった時は選択しましょう。

Depth(デプス)

Depth(デプス)はモジュレーション量を設定します。

0%から100%で設定し0%にするとモジュレーションはかかりません。

 

Rate(レート)

 

LFOの周波数を設定します。

左側にスライダーを移動させると、一番左が32barsになります。bars(バー)とは、小節と同じ意味があります。

一般的には、4分音符が4つ入ることで1小節となります。

 

Stereophase(ステレオ・フェーズ)

Stereophase(ステレオ・フェーズ)は、ステレオ信号の各チャンネルモジュレーション間の位相関係を調整するパラメーターになります。

180°や−180°に設定すると、チャンネルモジュレーションの位相間の距離が最大化されます。

 

GarageBandで使えるおすすめプラグインを紹介しています。GarageBandだけでは困難な設定や、初心者が使うだけでプロ級の音が素早く作れるため大変便利なラインナップとなっています。

詳細は、GarageBandで使えるプラグインおすすめを確認してください。

GarageBand エフェクトTremolo(トレモロ)使い方まとめ

 

Tremolo(トレモロ)を使えば、Tremolo(トレモロ)独特の揺らぎサウンドを作ることができるようになります。

モジュレーションエフェクトは、さまざまな種類のエフェクトがあります。

いろいろなモジュレーションエフェクトを使ってクリエイティブに音楽作成をするために、各パラメーターをいじりながら覚えていきましょう。

それではまた。