GarageBandでテンポを使いこなそう

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

テンポを変更する

 

GarageBandでテンポを変更するには、コントロールパネル中央にある液晶ディスプレイ(これをLCDと言います。)のテンポの位置にカーソルを合わせ、上下することでテンポを変更できます。

また、ダブルクリックでテンポを選び、キーボードで直接数値を入力することでもテンポを変更することができます。

 

 

テンポトラックを表示させる

 

もう一つのやり方は、テンポトラックを出し、テンポを変更するやり方です。

やり方は簡単で、画面上のメニューバーから、『トラック』→『テンポトラックを表示』を選択します。

 

 

すると、テンポトラックが出て来ますので、このポインタ(○白丸)を上下にドラッグするとテンポの変更ができます。

これは、先ほどの液晶ディスプレイ(LCD)と連動しています。

 

 

任意の場所でテンポを変更する

 

また、ポインタを増やすことで、任意の場所でテンポを好きなように変更することができます。

ポインタを上下に動かすことで、それぞれのポインタのテンポを変更できます。

 

 

ポインタ(○白丸)の横に(●黒丸)がありますが、このポインタをクリックしながら左の方にドラッグすると、カーブがなめらかになり、ゆっくりとテンポが下がるように演出できます。

 

 

ポインタを消したい時は、クリックしドラッグでそのポインタを指定し、キーボードの『delete』キーを押すことでポインタを消すことができます。

また、全体を消したい時は、消したい範囲をクリックしドラッグで全体を選択し、キーボードの『delete』を押すことで、全てを消すことができます。

 

 

GarageBandでテンポを使いこなすまとめ

 

今回は、GarageBandでテンポ変更の仕方を解説して来ました。

GarageBandのテンポ機能は、やはりできることが少なく、Logic Proを使用している人にはちょっと使いにくいかもしれません。

Logic Proの機能と何が違うのか知りたい方は『Logic Proでテンポを使いこなそう』の記事を見てやって下さい。

GarageBandよりは細かな設定ができますし、色々なテンポの使い方もできますので、音楽の幅が広がります。

『テンポを制するものは、音楽を制する!!』

名言を残して終わります。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA