GarageBandがサクサク動く推奨スペック!

ごりっ〜す!本日も記事を読んでくれてありがとうございます。それでは本日もゴリゴリやっていきましょう!

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

このページで分かること

 

・GarageBandを動かすために必要なパソコンの推奨スペックが分かる

・Mac bookでも動くのかが分かる

それでは見ていきましょう。

 

GarageBand推奨スペック3つのポイント

 

GarageBand を快適に動作させるためには、以下のPC3つのポイントとなるスペックが最低必要になります。

また、インストールするには、6GBのストレージの空き容量、フルサイズのインストールでは72GBのストレージ空き容量が必要になります。

①プロセッサ

2.7G Hz Core i5以上

②メモリ

8G以上 ただし16G以上あった方がいい

③ストレージ

SSD256GB以上ただし1T以上あった方が便利(すぐにいっぱいになるため)

 

プロセッサとは

プロセッサとは、別名『CPU』とも言い、パソコンの性能を大きく左右する内部パーツになります。

『CPU』の中には、数十億とも言われる半導体素子やトランジスタなどが構築されていて、人間の『脳みそ』の役割を担っています。

『CPU』は別名クロック周波数と言われ、周波数のHz(ヘルツ)という単位で表され、数字が高ければ高いほど計算が速くなります。(実際はもっと複雑ですが、大体こんなもんだと思ってください。)

CPUが足りていなければGarageBandを動かすときに動作が重くなり、ストレスがたまりますので、できるだけ高いプロセッサを選ぶようにしてい快適なGarageBand生活を送るようにしましょう。

Mac bookではGarageBand はできないのか?

 

Mac bookでは動作が重くなると、心配している方もいるかもしれませんが、GarageBandは、 MacBookでも操作はできますし、スペックが余り無くても、動かすことはできます。

ノートPCの利点は、持ち運びができることです。しかし、デスクトップ型のPCの方が、スペックは上になります。

どちらを選ぶか。はたまた、両方買うか。それはあなた次第になります。

また、ソフトの使用テクニックを使うと、ファイルを軽くできますので、工夫しながらやって行けば問題無いと思います。

 

GarageBandを動かすための推奨スペックまとめ

 

本日はGarageBandのスペックについて見てきました。

ただ、低スペックでもやり方によっては全然動きますので、あまり心配はいらないかと思います。

MIDIノートをオーディオ波形に変換したり、トラックにエフェクトをいっぱい挿しているのであれば、一回バウンスをしたりすることで、GarageBand自体は軽くなります。

動くか気になるかもしれませんが、一度購入すると、パソコンを変更したとしても再度購入する必要はないので、使って見て考えるのもアリなのかな?とも思います。それではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA