GarageBand エフェクト Single Band EQの使い方

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

はじめに

 

シングルバンドのEQは、Channel EQで使用したボタンをカンタンに設置したEQになります。

使い方はChannel EQと同じ機能になりますが、数値などの直感的な入力になるため、画面を見ながら操作したいという方は、Channel EQの方が使いやすく設計されています。

ここからは、シングルバンドEQの使い方を見ていきます。

イコライザのことを詳しく知りたい方は『GarageBandイコライザについて』を確認してください。

テンプレートを使用する

 

シングルバンドEQには、あらかじめテンプレートが入っています。テンプレートを使用するとそれにあったEQカーブを設定してくれます。

 

 

テンプレートの種類は画像のようになっています。

上から6つ目まではベルカーブでのEQ、7kHz High Cutと10kHz High Cutは共にローパスフィルター。

Shelfと書いている3つがシェルビングでのフィルター、Low Cutがハイパスフィルターになっています。

 

イコライザーのモード選択

 

 

次にEQ Modeですが、これはEQのフィルターを選択できます。

Low Cut:ハイパスフィルターです。ローをカットする時に使用します。

Low Shelf:低域の周波数帯を均一にカット・ブーストする場合に使用します。

Parametric:ベルフィルターになります。特定の帯域をベルカーブでカット・ブーストする時に使用します。

High Shelf:高域の周波数帯を均一にカット・ブーストする場合に使用します。

High Cut:ローパスフィルターになります。ハイをカットする時に使用します。

になります。

 

フリークエンシーの設定

 

 

次にフリークエンシーの設定になります。

横のスライダーで左右に移動さすことで値を変更することができます。数値を入力しても設置可能になります。

 

スロープの設定

 

スロープは周波数をどの程度カット・ブーストするかを決める値になります。単位はdB(デシベル)になります。

48dBカットを選択すると、急激にカットすることができます。

 

 

Q幅を設定する

 

最後にQ幅を設定します。

Q幅は数値を上げると帯域幅を変更でき、ベルカーブの場合はものすごく狭い範囲でのカーブとなります。逆に数値を下げると、カーブはゆるくなります。

 

GarageBandで使えるおすすめプラグインを紹介しています。GarageBandだけでは困難な設定や、初心者が使うだけでプロ級の音が素早く作れるため大変便利なラインナップとなっています。

詳細は、GarageBandで使えるプラグインおすすめを確認してください。

最後リ

 

最後に。

今回はシングルバンドEQを確認してきました。

シングルバンドEQは、なかなか初心者が使用するのは難しいです。やっぱりアナライザーで周波数を確認しながら作業できる方が、感覚的にはつかみやすいです。

イコライザーは使うものによって、楽曲に与える影響が変化します。同じ値に設定しても、そのEQが持つ特性があるためです。

音質的にどうなるか、どうしたいかをイメージを持って作業することをお勧めします。

初めのうちはChannel EQのアナライザー機能を使いながら周波数特性や使い方に慣れるようにしましょう。

それではまた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA