GarageBand ショートカットキーを使う

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

GarageBandでショートカットキーを使いはじめる前に

 

GarageBandを使用するときに、『メニューから選択してコピーや移動をするのがめんどくさい!!』と思ったことありませんか?

GarageBandは効率的に作業できるように、ほぼすべての機能をキーボードショートカットで実行できるようになっています。

「GarageBand」で演奏、移動、編集するときは、以下のキーボードショートカットを使って、時間の短縮をしていきましょう。

ショートカットキー一覧

メインウインドウショートカットキー

操作

ショートカット

録音を開始する R
再生を開始する Enter(テンキー)
再生を停止する ゼロ(テンキー)
再生を開始/停止する スペースバー
再生ヘッドを1小節戻す カンマ(,)
再生ヘッドを1小節進める ピリオド(.)
選択部分から再生を開始する Shift+スペースバー
サイクル範囲をその長さ分だけ前に移動する Shift+Command+ピリオド(.)
サイクル範囲をその長さ分だけ後ろに移動する Shift+Command+カンマ(,)
選択範囲の先頭に移動する ファンクション+←(テンキー付きのキーボードではControl+Homeも使えます)
最後のリージョンの最後に移動 Option+Return
先頭に移動する Return
サイクル範囲を入にする/切にする C
すべてのトラックのソロを解除する Control+Option+Command+S
メトロノームを入にする/切にする K
カウントインを入にする/切にする Shift+K
「環境設定」ウインドウを開く Command+カンマ(,)
「ミュージックタイピング」ウインドウを表示する/隠す Command+K
「Smart Control」ウインドウを表示する/隠す B
スコアエディタを表示する/隠す N
ピアノ・ロール・エディタを表示する/隠す P
ループブラウザを表示する/隠す オー(O)
ライブラリを表示する/隠す Y
クイックヘルプを表示する/隠す Shift+円記号(¥)
詳細なヘルプを開く(クイックヘルプの説明文から利用可能な場合) Command+円記号(¥)
フル・スクリーン・モードのオン/オフを切り替える Control+Command+F
ムービーウインドウを開く Option+Command+O
現在のウインドウまたはプロジェクトを閉じる Command+W
1つ上のトラックを選択する
1つ下のトラックを選択する
「GarageBand」を隠す Command+H
ほかのアプリケーションを隠す Option+Command+H
「GarageBand」を終了する Command+Q
新規プロジェクトを作成する Command+N
既存のプロジェクトを開く Command+O
現在のプロジェクトを保存する Command+S
現在のプロジェクトを別名で保存する Shift+Command+S
「GarageBand」ウインドウ内で次の領域を選択する Tab
「GarageBand」ウインドウ内で前の領域を選択する Shift+Tab
GarageBandウインドウをしまう Command+M
ほかのすべてのアプリケーションウインドウを最小化する Option+Command+M
次のパッチ、エフェクト、または音源設定 ]
前のパッチ、エフェクト、または音源設定 [
選択したトラックをミュートする/ミュートを解除する M
選択したトラックをソロにする/ソロを解除する S
選択したトラックのモニタリングのオン/オフを切り替える Control+I
編集を取り消す Command+Z
取り消した編集をやり直す Shift+Command+Z
カットする Command+X
コピーする Command+C
ペーストする Command+V
削除する Delete
すべてを選択する Command+A
水平方向に縮小する Command+←
水平方向に拡大する Command+→
前のページに移動する ファンクション+↑(テンキー付きのキーボードではPage Upも使えます)
次のページに移動する ファンクション+↓(テンキー付きのキーボードではPage Downも使えます)
左のページに移動する ファンクション+←(テンキー付きのキーボードではHomeも使えます)
右のページに移動する ファンクション+→(テンキー付きのキーボードではEndも使えます)
オートメーションレーンを表示/隠す A
新規トラックを作成する Option+Command+N
新規オーディオトラックを作成する Option+Command+A
新規ソフトウェア音源トラックを作成する Option+Command+S
新規Drummerトラックを作成する Option+Command+U
選択したトラックを削除する Command+Delete
エディタで選択したトラックまたはイベントの前のリージョンを選択する
エディタで選択したトラックまたはイベントの次のリージョンを選択する
選択したリージョンを連続してループする L
選択したイベントをクオンタイズする Q
クオンタイズを取り消す Option+Command+Q
ペーストして現在の選択内容を置き換える Shift+Command+V
リージョンまたはノートを結合する Command+J
選択したリージョンまたはイベントを再生ヘッドの位置で分割する Command+T
「グリッドに沿う」のオン/オフを切り替える Command+G
選択したトラックのすべてのオートメーションを削除する Control+Shift+Command+Delete
選択したトラックの「録音を可能にする」のオン/オフを切り替える Control+R
選択したアレンジメントマーカーを複数のセクションにカットする Option+Command+Delete
選択したトラックの名前を変更する Shift+Return
選択したリージョンをApple Loopsライブラリに追加する Control+Shift+O
選択したリージョンの名前を変更する Shift+N
トラックヘッダを設定する Option+T
エディタパネルを表示する/隠す E
ノートパッドを表示する/隠す Option+Command+P
ブラウザパネルを表示する/隠す F
マスタートラックを表示する/隠す Shift+Command+M
配置ガイドを表示する/隠す Option+Command+G

 

エディタでのショートカット

操作

ショートカット

選択したオーディオをプレビューする(オーディオエディタのみ) Option+スペースバー
選択した音符を半音上にトランスポーズする(ピアノ・ロール・エディタおよびスコアエディタのみ) Option+↑
選択した音符を半音下にトランスポーズする(ピアノ・ロール・エディタおよびスコアエディタのみ) Option+↓
選択した音符を1オクターブ上にトランスポーズする(ピアノ・ロール・エディタおよびスコアエディタのみ) Option+Shift+↑
選択した音符を1オクターブ下にトランスポーズする(ピアノ・ロール・エディタおよびスコアエディタのみ) Option+Shift+↓

 

グローバルトラックのショートカット

操作

ショートカット

「アレンジメント」トラックを表示する/隠す Shift+Command+A
「ムービー」トラックを表示する/隠す Shift+Command+O
「トランスポーズ」トラックを表示する/隠す Shift+Command+X
「テンポ」トラックを表示する/隠す Shift+Command+T

GarageBand のショートカットキーまとめ

 

ショートカットキーを覚えて使うことで、今まで時間がかかっていた作業が早くできるようになります。編集の作業は、いかに早く作業をするかにかかっています。ぜひ今回紹介したショートカットキーを使って、時間の短縮をしていって下さい。