GarageBandで使えるプラグインおすすめ

プラグインを導入する前に

 

プラグインを導入するメリットは、DAWに既存のプラグインではできないことを実現してくれるので、DAW初心者の方はもちろん、上級者でも使用することをおすすめします。

各社いろいろなプラグインを出していて、有料・無料問わず種類がむちゃくちゃ多いので、どれを使うべきか迷うかもしれません。

たくさんのプラグインを持ってDAWのデータを処理するのではなく、良いプラグインの機能を知り長く使えるようにしていきましょう。

今回紹介するプラグインエフェクトのおすすめは、自分が使ってみて良いと思った会社のプラグインを紹介しています。

では、一つずつ紹介していきます。

 

WAVES

Waves Audioは、1992年にイスラエルのテルアビブに設立された会社になります。

DTMのプラグイン業界では、知らない人はいないほど、使われているプラグインになるので、プロ、アマ問わずに使用されています。

結構な頻度でセールをしているため、お目当てのプラグインがある場合は、セールの期間を狙って購入するのが良いでしょう。

また、バンドルになっている製品もあるため、そういったものを買うようにしましょう。

Wavesのダイヤモンドはノイズ除去プラグインが入っていますので、ノイズ除去プラグインを持っていない方はダイヤモンドがおすすめです。

プラチナやゴールドは価格が安いので、初めての方はそちらの方がいいのかもしれませんが。

iZotope

米国マサチューセッツ州のケンブリッジを拠点とするオーディオテクノロジー企業になります。

アプリやオーディオソフトウェア、ハードウェア、プラグインの開発を行い、ノイズなどを除去してくれる「RX」シリーズ、マスタリングプラグイン「Ozone」など魅力ある製品が並んでいます。

AI機能を活用し、MIXやマスタリングのお手伝いを自動化できるため、大変便利なプラグインにもなります。

使い方も簡単で、初心者でも使いやすく高品質な音を設定できるのも魅力の一つでしょう。

 

Native Instruments

1996年にドイツのベルリンに設立した会社になります。

ストリングスの音源や、ホークギター、ドラム音源など、高品質な音源をプラグインにした『コンプリート』シリーズが有名です。

たくさんのクオリティーが高い音源を、鍵盤一つで操作できる手軽さは、使ったその日からトリコになってしまうほど楽しくそして素早く楽曲を作成することができるでしょう。

また、ハードウェアーも使いやすい製品が多く、見た目もカッコイイものが多い印象です。

Toontrack

1997年に設立されたToontrack社は、『初心者でも簡単に作業ができる』をコンセプトに、ワンタッチで楽曲を制作できるプラグインを多数用意しています。

Ezシリーズ』は本当に画期的なプラグインエフェクトで、Ezピアノ、Ezベース、Ez MIXなど、誰でも簡単に楽曲を制作できるような作りになっています。

コードの知識がなくても、プロ並みの音源を作ることができます。

また、ピアノやベース、ドラムの知識がなくても高品質で安定した音源が手軽にインプットできるのも魅力的な一面になります。

DAWMIDIを挿入して、MIDIの中身を確認し練習することもできるため、プロがどのような弾き方をしているのか確認することもできます。

自分の作成したMIDIを読み込ませることで、無限にMIDI音源を生成することができるのでアイデアを貯めておくことも可能になります。

Celemony

200010月にドイツで設立した会社になります。

Celemony で有名なプラグインが『メロダイン』というプラグインになります。これは、ピッチの編集ソフトになりヴォーカルのピッチを修正したり、ギターやピアノなどの和音も解析し音をなおすことができるという、前代未聞のソフトになっています。

ピッチ編集ソフトではオートチューンなどが有名ですが、個人的にはメロダインの方が扱いやすく、ピッチを編集した時の劣化が少なく違和感がないので気に入っています。

ピッチの修正やタイミング調整など、基本的な操作はもちろん、ハモリの作成や倍音の付加など高品質の編集ができるようになります。

プラグインエフェクトのまとめ

 

プラグインエフェクトは高品質でクオリティーの高いものが数多く出ています。

既存の製品では作れない音を、他社のプラグインでは簡単に作成することもできます。

自分に合ったプラグインを持つことで、楽曲の制作には時間の短縮になることもあるでしょう。

ただ、音は録音で大半は決まってきますので、原音が良くなければ、いくら高価なプラグインを持っていても、そのレベルのものにしかなりませんので注意してください。

原音を納得のいく音で録音し、あとはプラグインで素晴らしい音源に変えていく。

これを忘れないようにしてください。

それではまた。

 

あ!あと、ファブフィルターこれも地味に良いですね。EQなどは使いやすいですよ!