GarageBand 外部MIDIキーボードを使ってみる

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

外部のキーボードとは

 

外部のキーボードを使用すると、仮想空間でサックスやピアノ、人の声など色々な音をこの外部キーボードで鳴らすことができます。

外部のMIDIキーボードは多くの会社から販売されています。

自分の好きなメーカーのキーボードを使用すれば、Logic Pro XやGarageBandでUSBを繋ぐだけで自動で設定してくれますので、いいかと思います。

 

KOMPLETE

 

このKOMPLETEは自分が使用しているキーボードになります。コンタクトなどを使用している方は、連動していますので使いやすいかと思います。

 

USB接続のMIDIキーボードを使用する

 

キーボードにはUSB接続タイプのものがあります。

USB接続タイプのキーボードは、接続が簡単で、しかもすぐに使用できると言う利点があります。

MIDIキーボードの多くの製品は、バスパワーで動作しますので、別途電源が必要になることはありません。

鍵盤の種類はさまざまで、25鍵盤〜88鍵盤まで販売されています。自分のデスクに収まる幅で考えて見て下さい。

 


 

MIDIシンセサイザーを使用する

 

MIDIインターフェイスを繋ぐことで、シンセサイザーや音源モジュールを使用することができます。

ただ、今は、MIDIインターフェイス内蔵のオーディオインターフェイスが結構出ていますので、最初から繋ぐことが決まっているのであれば、そう言う製品を購入してもいいかもしれません。

 


 

おすすめのMIDIキーボード

外部のキーボード選びはとても大切です。幅や重さはもちろんのこと、鍵盤数がどのくらい必要なのかも選ぶポイントとなります。

あなたにあった1台を選んで、快適な演奏を楽しんでください。

2021年 最新MIDIキーボードおすすめ10社

最後に

 

MIDI鍵盤は一つでも持っていれば、手軽に録音ができ、オーケストラの打ち込みや自作音源を鍵盤に割り当て鳴らすこともできますので、購入して使用すれば、音楽の幅が広がると思います。

ちなみに自分が使用しているキーボードは、Native instruments社のKomplete kontrolA49を使用しています。

とても使いやすく、鍵盤も跳ね返りがいいので、弾いていて気持ちがいいです。

また、Kompleteソフトと連動していますので、音楽制作がすぐにでき、高品質な音源で演奏できます。

興味があれば使用してみて下さい。きっと良い音楽ができると思います。それではまた。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA