GarageBand エディタボタンの使い方

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

エディタボタンとは

 

エディタボタンを押すと、個々のトラックとリージョンを編集できます。また、細かな編集や内容を操作することもできるようになります。

①のハサミマークを押すか、リージョンをダブルクリックすることで、詳細をエディットすることができるようになります。

ピアノロールエディタ

 

ピアノロールエディタには、ソフトウェア音源や外部のMIDI音源、選択したトラックのMIDI音源が表示されます。

ここでは、MIDIを扱うことができ、MIDIノート(音符)の長さを設定したり、音の強さ弱さを設定できるようになります。

それでは使い方を見ていきましょう。

 

MIDIリージョンを編集する

 

MIDIリージョンをダブルクリックし、MIDIエディタ画面を開きます。

 

MIDIリージョンの複製

 

リージョンのこの場所にカーソルを合わせると、MIDIリージョンを複製することができます。

リージョンを右にドラッグすることで複製ができます。

同じリージョンが作成され、複製元のリージョンを変更すると、複製したリージョンの内容も同じように変更されますので、とても簡単に複製ができます。

 

リージョンを伸ばしたり縮めたりする

 

リージョンの右下をドラッグし左右に動かすことでリージョンを伸ばしたり縮めたりすることができます。

いらない箇所を削ったり、リージョンを元の長さまで伸ばしたりすることができます。

MIDIノートの長さを変更する

 

MIDIノートの端をドラッグし左右に動かすと、ノートの長さを変更することができます。

 

MIDIノートのベロシティ(音の強弱)を変更する

 

ベロシティ(音の強弱)は①のノートを選択し、②のベロシティスライドバーを左右に動かすことで、ノートに強弱をつけることができます。

 

 

ノートの強弱を見るには、下の画像を参照してください。

 

 

上のノートはベロシティが強い状態です。ノートの中の線が右端まで伸びています。ベロシティの値を大きくすると右端まで線が伸び(上のノート)値を小さくすると、線が短くなります。(したのノート)

クオンタイズ を使う

 

MIDIノートが少しずれた場合は、MIDIノートをクオンタイズ することでノートを小節に合わせることができます。

①のノートを選び、②のクオンタイズ を使用します。

詳しくは、『GarageBandでクオンタイズ を適用する』を確認してください。

 

トランスポーズ機能を使う

 

トランスポーズとは、選んだMIDIリージョンのMIDIノートはそのままに、音の高さを変更することができる大変便利な機能になります。

ドの音を+2上げるとレの音になります。ドから数えて+2になるのでレってことですね。

+5上げるとファの音になります。『−』(マイナス)方向も考え方は同じです。

このように、ノートの配列を変えずに音程だけを変更することができるので、歌って見てキーが合わない場合や曲調を変更したい時などは、便利に使用することができます。

 

再生ヘッド追従ボタン

 

このボタンを押すことで、再生ヘッドが追従するようになります。

追従しなくていい場合は、このボタンのチェックを外しグレー色に変えておきましょう。

 

オートメーションボタン

オートメーションボタンを押すことで、さまざまなツマミの音量や、パン(位置)ボリュームなどを自動で変更させることができます。これをオートメーションと言います。

使い方は、①のオートメーションボタンを押します。

②はオートメーションのオン/オフ機能になります。オンの場合は青色に点灯します。オフの場合はグレーになります。

③で変更したいオートメーション選択します。スマートコントロールの各チャンネルやボリューム、パン、サステインなどを選択できます。サステインとは、鍵盤を弾いてから音が途切れるまでの余韻のことです。

④はオートメーションを切り替えるボタンになります。パンとボリュームを設定している場合は、このボタンを押すことでパン→ボリューム→パン→ボリュームと切り替えることができます。

⑤は今適用されているオートメーションになります。

丸をドラッグすると動かすことができるので、好みの位置で設定します。

また、線上の何もないところでクリックすると、ポインタが設定されます。オートメーションを使い、楽曲の幅を広げて見るのもいいかもしれませんね。

オーディオリージョンを編集する

 

続いて、オーディオリージョンを編集します。オーディオリージョンもMIDIリージョンと同じ機能がありますが、オーディオリージョンにしかない機能を説明していきます。

フレックスボタン

 

フレックスボタンを押すことで、オーディオ波形の位置を変更することができます。変更することによって、音の位置が変わるため少し変わったパターンで再生させることができます。

ただ、あまり使いすぎると音が変になるので、使いすぎには注意しましょう。

①のフレックスボタンを押す。

②テンポとピッチに従うを押す。

③オーディオリージョンに点線が入り、波形を調整することができる。

これでフレックスタイムを使用することができます。

このボタンが出てクリックすると、点線が白線に変わり波形の位置を変更することができるようになります。

白線を選んで左右にドラッグすることで波形を任意の位置まで持っていくことができます。

逆再生

 

逆再生にチェックを入れると、リージョンが逆に再生されるようになります。シンバルの音などを逆再生させて、リバース効果を狙う使い方もできます。

結構面白い機能になるので、使って見てください。

 

最後リ

本日は、エディタ機能を見てきました。リージョンを編集する場合はこの機能を使いますが、あまり使いすぎると波形が崩れ、音が変になったりします。MIDIの場合はまだ大丈夫ですが、オーディオの場合は取り返しのつかないことになります。

上位版のLogic Proでは、GarageBandにはない機能がたくさん付いていますので、波形編集などもクオリティが高く編集できます。

GarageBandの編集に慣れてきたら、Logic Proに乗り換えてもいいんでは無いでしょうか?

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA