GarageBand エフェクト AutoFilter(オートフィルター)の使い方

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

AutoFilter(オートフィルター)を使う前に

フィルターエフェクトってどうやって使うの?イコライザーとは違うの?と思われた方はいないでしょうか。

フィルターはイコライザーと混同されやすいのですが、全く別物のエフェクトと考えていただいて問題は有りません。

フィルターエフェクトを使うことで、楽曲にさまざまな変化をもたらすことができます。今回は、このフィルター機能について説明していきます。

AutoFilter(オートフィルター)とは

 

Autofilterは、GarageBandで無料で使用できるフィルター機能を備えたエフェクトになります。フィルター機能を使うと、オーディオ信号(オーディオデータ)の周波数を強調したり、おさえたりすることができます。

このGarageBandには、高度な各種エフェクトが用意されていますので、サウンドやミックスの周波数を大幅に変更するためによく使われます。

フィルターエフェクトとイコライザーエフェクトはよく似ていますが、イコライザーとは使い方が異なります。

イコライザーは周波数を直接変更するのに対して、フィルターは周波数をうねらせたり、変化させるために使います。

それでは、AutoFilter(オートフィルター)の使い方について解説していきたいと思います。

 

AutoFilter(オートフィルター)の使い方

 

AutoFilterは、GarageBandに標準で付いているプラグイン・エフェクトになります。

AutoFilterはフェイルター系の一種で、大変ユニークな機能をいくつも搭載しています。一般的なアナログスタイルのシンセサイザーエフェクトの作成、サウンドのデザインをし、想像を超えた音作りに使用します。

このエフェクトは、しきい値というパラメータを使って入力信号を分析し使用します。

しきい値を上回る信号は、シンセサイザースタイルのADSRエンベロープまたはLFO(低周波オシレータ)をトリガ(超えることで発動)するために使われます。

AutoFilter を使うと、異なるフィルター・タイプやスロープの選択や、レゾナンスの量の調整、力強いサウンドにするためのディストーション、オリジナルのドライな信号と処理済みの信号をミックスするなどの操作も可能です。

まずは、GarageBand付属のAutoFilterを使いこなし、サウンドに変化をつけて楽曲に味をつけましょう。

開き方は、『Filter』→『AutoFilter』で選択しプラグイン・エフェクトをセットします。

これでオートフィルターを設定できるようになります。

それではAutoFilterの各パラメーターを一緒に確認していきます。

 

オン/オフ機能

 

 

AutoFilterを適用するときは、ボタンを押し、『オン』にすると青く点灯します。オフにするとグレー色になりエフェクトが停止します。

どのエフェクトでも、この操作でオン・オフの切り替えが可能になります。

 

チャンネルストリップ

 

 

チャンネルストリップを開くと、既存で設定されているテンプレートがたくさん入っています。

デフォルトボックスの下矢印を開くと、テンプレートの設定が開きます。

GarageBandなどのプラグインは、だいたいチャンネルストリップの中にテンプレートが入っています。

このテンプレートは、プロがパラメータの設定を考え、そのテンプレートに合った音を作成してくれています。

テンプレートの中身を開けて、どのように設定されているかを確認することは、非常に重要で、パラメータをどのように設定すればいいのかが分かります。

いろいろ開いてみて、どのような設定がされているか確認してみると、新たな発見があるかもしれません。

あと、チャンネルストリップの中に詳細という項目がありますが、自分で作ったAutoFilterの設定を保存したり、読み込んだりすることができます。

 

Cutoff(カットオフ)の設定

 

 

Cutoff(カットオフ)スライダーを左右にドラッグすることで、Cutoff値を変更することができます。

カットオフとは、フィルタが効き始める周波数のことです。

カットオフは高い周波数を減衰し、低い周波数はローパスフィルタ(ハイをカットし、ローを通過させること)を通過させるようにします。

イメージとしては、高域からフィルタをかけ、低域だけ残していくような感じです。(矢印の方向にフィルタがかかっていくようなイメージです)

この効き始める箇所が、カットオフ値になります。

カットオフが100%の時は、全ての周波数が聴こえるようになるので原音そのままになります。また、0%の時は音が鳴らなくなります。低音の周波数までカットしてしまうためです。

50%で

 

Resonance(レゾナンス)の設定

 

 

Resonance(レゾナンス)の設定は、カットオフ周波数に近い周波数帯の信号をブーストまたはカットします。

レゾナンスとは、共振や共鳴のことでフィルタ特性のパラメータの一種です。

この値を高くすると、上で設定したカットオフ周波数のところでフィルタ(レゾナンス)が発動することになります。

カットオフと併用することで、ゆらぎのある音を作ることができるため、楽曲に変化をもたらしたいときには十分に使える機能です。

Intensity(インテンシティー)パラメータ

 

インテンシティー(強度)はうねりの強度を変更することができます。

イメージとしては、モワっと音が出てくる感じです。

カットオフやレゾナンスと共に使用することで、うねりの変化を作ることができるのでいろいろ試して見て下さい。

 

Waveform(ウェーブフォーム)

 

ウェーブフォームは、波形の形状を変更することができます。UPしたりDownさせたりと、さまざまな波形の変更ができるようになります。

次に説明するレートと組み合わせて、音のバリエーションを聴いて見て下さい。

 

Rate(レート)

 

Rate(レート)は英語で割合という意味があり、フィルターのかかる割合を調整することができます。

32bars〜DCまでありますが、その中の1/64dなどにすると細目なフィルターが入るため、音がビョンビョンビョンと揺れます。

 

 

GarageBandで使えるおすすめプラグインを紹介しています。GarageBandだけでは困難な設定や、初心者が使うだけでプロ級の音が素早く作れるため大変便利なラインナップとなっています。

詳細は、GarageBandで使えるプラグインおすすめを確認してください。

AutoFilter(オートフィルター)のまとめ

 

フィルタ・エフェクトを使うことで、オーディオデータを特殊なフィルタで変更することができ、ユニークな使い方ができます。

楽曲に揺らぎある変更を加えることで、楽曲のイメージをガラッと変更し、ひきつける楽曲制作をしていきましょう。

フィルタには独特のパラメータが多数存在するため、使い方が分かりにくいと思いますが、使えるようになると、いろいろな音を自分で作れますので、根気よく触って行って下さい。

それではまた。