GarageBand 初心者でも分かる!ビットレート!!

ゴリラスタジオ監修の本が、Kindleにて好評発売中!

これでGarageBandの全てがわかる!アップデートにも対応!ゴリラシリーズです。

       

 

ビットレートとは?

ビットレートと聞いてピンとこない人は、すぐさまこのページで勉強するべきです。

音楽編集や画像編集をする人は、必ず使用する事になりす。『なんじゃこれ』と、分からずに触ってしまうと、大変なことに。

はなりませんが、知っているとこれからは便利に使っていけます。

もう少し詳しくみて行く

もう少し掘り下げてみると、ビットレートの「ビット(bit)」はデジタルデータの最小単位のことですので、bpsは1秒間に何ビットを転送できるかを表します。

表記はbpsです。

bpsはbits per secondの略で、1Mbpsは1分間で7.5MB(1秒間に0.125MB)のデータ量になります。

この値によって動画データ量や、動画の画質などが決まり、音楽では、音が滑らかになります。

ただ、この値を大きくしていくと、色んな所に弊害がでてくるため、正しい設定を知っておいて下さい。

音声ビットレート、映像ビットレート

動画を編集するときは、このビットレートが、音声ビットレートと映像ビットレートに分かれます。 この2つのビットレートによって、動画のクオリティが決まってきます。

では、高いビットレートにすれば、いい音や映像がとれるのか?というと、そうことではありません。

使用する機材がしょぼすぎると、そのしょぼさ(ノイズが多いなど)まで記録してしまうため、かえって音質や画質が悪くなるということが起こってしまいます。

ビット深度、サンプリングレート

ビット深度

ビットレートは、ビット深度とサンプリングレートの2つの要素を掛け合わせて計算されます。

ビット深度は分割された1サンプルあたりのデータ容量を表し、音質や音の表現力を左右する要素です。

横軸を細かく分割しているものがサンプリングレートであり、縦軸に重なっているものがビット深度です。

1つずつのサンプリングに多くのデータ容量(ビット深度)を与えることで、より細かく正確な音声データを作ることができます。

ビット深度はアニメーションの制作でいえば、1枚ごとの絵の細かさになります。 ビット深度が大きくなれば、音の大小やエフェクトなどの表現力が高まり、より高音質だと感じるはずです。

サンプリングレート

音声の品質を決定するビットレートのうち、サンプリングレートは1秒あたりのデータの分割数を横軸で表す要素です。

1秒間のデータが何万分割されているかを示し、分割数が多ければ多いほど音声の再現度は高く、高音質だと感じます。

アニメーションの制作と同様の仕組みだと考えると、分かると思います。

1秒間により多くの枚数の画像を利用すれば、キャラクターの動きがより滑らかになるように、サンプリングレート(データの分割数)が多くなるほど、音声は滑らかに聞こえるようになります。

また、音声ファイルにエフェクトなどをかける場合は、かかりが良くなります。

また、サンプリングレートの大きさに応じてデータ量も増えるので、注意が必要ですね。

GarageBand 初心者でも分かる!ビットレート!!まとめ

本日は、ビットレート、ビット深度についてみて来ましたが、いかがでしたでしょうか。

まだあまりピンと来ていないかもしれませんが、何回も読んで覚えて頂けたらと思います。音質は、人それぞれとらえ方が違います。

自分では音質が良いと思っていても、他人からしたらうるさく感じたり、ショボく感じたりするかもしれません。

なので、結論的なことを言うと、自分が好きな音楽を、自分が好きな音質で、あまり気にせず音楽ライフ、映像ライフを楽しんでいけば良いのではないでしょうか?それでは今回はこの辺で、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA